SCORE CARDBACK NUMBER

ケガの記憶吹き飛ばす、デイビスの豪快ダンク。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2007/05/31 00:00

 今年のNBAプレイオフの台風の目は、何といってもゴールデンステイト・ウォリアーズだった。走り回り、攻めまくり、3ポイント・シュートを打ちまくりと、ある意味、常識を覆したスタイルで相手チームのペースを引っ掻き回していた。

 実際1回戦では、レギュラーシーズンでリーグ最多の67勝をあげて優勝候補だったダラス・マベリックスがウォリアーズのハチャメチャなペースに巻き込まれて自分たちを失い、早々と姿を消してしまった。第8シードが第1シードを破るという大番狂わせだ。

 そのウォリアーズにとってなくてはならない選手が、NBA8年目のポイントガード、バロン・デイビスだ。2002年と2004年にオールスターにも選ばれている実力派だが、故障が多いこともあり、最近では半ば忘れられた存在だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 561文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表の論点 オシムに問う。Questions on Osim Japan

バスケットボールの前後の記事

ページトップ