SCORE CARDBACK NUMBER

マッハの野性的勝利と
外国人選手の新旧交代。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2009/04/23 07:00

マッハの野性的勝利と外国人選手の新旧交代。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 4月5日のDREAM8は、前回のDREAMフェザー級GP開幕戦の低調ぶりを吹き飛ばすほどの勢いを感じさせる大会だった。一番大きなインパクトを残したのは、DREAMウェルター級GP開幕戦として組まれた桜井“マッハ”速人対青木真也の一戦だ。桜井がグラウンド状態からの顔面ヒザ蹴りで青木を失神KOに追い込んだのだ。わずか27秒の秒殺劇だった。試合前、青木が「マッハさんは古いスタイル」と酷評したことで、ベテランの怒りに火がついた。青木のように最新の寝技の技術は持ち合わせていないかもしれないが、桜井は立ってよし寝て良しの元祖オールラウンダー。基礎がしっかりしている者にとっては技術の新旧より、勝負の際を見極める野性の勘の方が重要だった。昨年までライト級を主戦場にしていた青木の一階級上への挑戦が、眠り続けていた桜井の本能を呼び起こしてしまったかに見えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜井"マッハ"速人
青木真也
アンドレ・ガウヴァオン
マリウス・ザロムスキー
ジェイソン・ハイ

格闘技の前後のコラム

ページトップ