SCORE CARDBACK NUMBER

継承される馬場、猪木それぞれのスタイル。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2004/08/12 00:00

 夏はプロレスの稼ぎ時だ。還暦を過ぎた身にはかなりハードな取材日程が続く。ノアの7・10東京ドーム大会を終えてホッとしたのもつかの間、16、17の両日はWWEの日本武道館連続興行。翌18日は全日本の両国国技館大会で両国に1泊。翌朝の便で新日本・札幌大会に飛んだ。

 そこで目にしたものは第38代IWGPヘビー級王者藤田和之(猪木事務所)の凄まじい初暴れ。挑戦者柴田勝頼をぶちのめし、初防衛を飾ったのである。あのボブ・サップを撲殺したKOシーンの再現だった。

 開始4、5分までは柴田の繰り出すバックドロップ、スープレックスに付き合っていた藤田だが、サッカーボールキックを顔面に食らった途端、ガラリ野獣の目つきが変わった。マウスピースを吐き捨て、パンチから顔面へのヒザ蹴りで猛然と襲いかかった。あっという間の失神KO劇だった。柴田はそのまま担架で運ばれ、病院に直行する始末。「死にたい奴がいるから(試合を)やっただけ」とリングに仁王立ちの藤田。あまりの強さに観客もただ茫然としたのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 478文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ATHENS2004 preview2アテネ五輪直前特集 ニッポンの超人たち。
ジャイアント馬場
アントニオ猪木
新日本プロレス
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ