SCORE CARDBACK NUMBER

今、最も無謀な戦いに挑む柴田勝頼という男。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2004/07/15 00:00

 梅雨もなかば、藤波辰爾社長が副会長に横滑り、元経営コンサルタント草間政一氏(53)が新社長に就任。創立者・アントニオ猪木の意向によって動かされた新日本のトップ人事などに関心はない。ファンの興味は24歳の若武者・柴田勝頼のIWGPヘビー級王者初挑戦に注がれている。

5・3東京ドームで武蔵(正道会館)に2R2分KO負け、2度目のK―1挑戦でリベンジを果たせなかった柴田だが、7・19札幌・月寒グリーンドームで、こともあろうに第38代王者藤田和之(猪木事務所)にベルト奪取をかけて牙をむく。

 元祖野獣の藤田は5・22K―1ROMANEXの旗揚げ戦でボブ・サップを撲殺。ビースト攻略の勢いに乗って6・5大阪で王座決定戦に挑み、棚橋弘至(27)をKOして新王者になったばかり。注目の初防衛戦は、本命の中邑真輔(24)が挑戦を回避。そこで、格闘志向の柴田が失地回復を狙って名乗りを上げたのだった。が、この勝負、どう見ても柴田に勝ち目はない。藤田の圧倒的パワーに押しまくられ、棚橋同様、いとも簡単に転がされるだろう。喧嘩度胸だけで勝てる試合ではないはずだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 449文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力特集 覚悟。 WE'RE ALL SET

プロレスの前後の記事

ページトップ