SCORE CARDBACK NUMBER

ブルズを率いるローズが
新人らしからぬ理由。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2008/12/18 00:00

 火と水に分類するなら、デリック・ローズ(シカゴ・ブルズ)は間違いなく水だ。燃えたぎる火ではなく、静かに流れる水。試合中も感情を表に出すことはほとんどなく、会場中が総立ちになって沸くほどのビッグ・プレーを決めた後でも、まるで練習で簡単なレイアップを決めた後のように無表情のままだ。まるで、まわりから感情を読まれることを拒否しているかのようでもある。

 1988年生まれの20歳。今年6月のNBAドラフトでブルズから1位指名を受けたばかりだ。新人ポイントガードがチームの舵を取るのは難しいはずなのだが、開幕戦から全試合に先発出場し、まるで10年のベテラン選手のように落ち着いたプレーでチームを率いている。スピードとパワーを兼ね備え、味方へのパスだけでなく、必要だと見れば自分で相手の隙をついて攻めることもできる。今季の新人王最有力候補であるとともに、近い将来のオールスター候補でもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

攻撃進化論。ATTACKING EUROPE

Sports Graphic Number 718

攻撃進化論。
ATTACKING EUROPE

 

関連記事

デリック・ローズ
シカゴ・ブルズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ