SCORE CARDBACK NUMBER

結婚を告白した新王者
棚橋弘至への期待。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2007/11/01 00:00

 「実は結婚しておりました。嫁さんがいます。守るべき子供もいます」

 ヒーローの一夜明け会見はいろいろあるが、10・8両国国技館で永田裕志(39)からIWGPベルトを奪った新王者、棚橋弘至(30)の席ほど愉快だったのはない。

 突然の“出来ちゃった婚”とは違い、棚橋の結婚は既成の事実。関係者や担当の一部記者は知っていたし、いつ公表するのか、ハラハラしながら見守っていたのが本当のところだ。

 筆者も面食らったことがあった。8月のG1開幕前、右ヒザ半月板損傷の手術に成功した棚橋に復帰インタビューをしようと世田谷区上野毛の道場に行ったとき、棚橋が子連れで現れたのだ。それを見て、「オイ、タナ、これは……」。出かかった言葉を噛み殺したものだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[クライマックスシリーズ全詳報]決戦燃ゆ。

関連記事

棚橋弘至

プロレスの前後の記事

ページトップ