SCORE CARDBACK NUMBER

小橋復帰フィーバーに見るプロレス界の課題。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2007/11/29 00:00

小橋復帰フィーバーに見るプロレス界の課題。<Number Web> photograph by Essei Hara

 「切符ないよ、モンちゃん」。ディファ有明内のプロレスリング・ノア事務所に電話すると、おはようの挨拶の前にこれだった。声の主は、ノアの営業部長、永源遥さんである。

 小橋建太(40)の復帰宣言の反響が凄い。ガンに冒された右腎臓摘出手術に成功して、約1年半ぶりのリングとなる12・2日本武道館。停滞ムードの業界にとっても久しぶりの明るいニュースである。

 小橋フィーバーは、10月7日の後楽園ホール大会が発火点。小橋の正式復帰がコールされると、前売りチケットが発売直後にほぼ完売状態となった。そして、10・27日本武道館のリングで小橋自身が復帰戦のカード(小橋・高山善廣組vs.三沢光晴・秋山準組)を発表すると流れがさらに加速、これまでプロレスに関心のなかった一般のファンからの問い合わせも殺到したという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

我らの証。 J FINAL Emotions 2007

Sports Graphic Number 692

我らの証。 J FINAL Emotions 2007

 

小橋建太
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ