SCORE CARDBACK NUMBER

最近おかしい全日本。3冠戦に期待したい。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2007/10/04 00:00

 全日本プロレスの10・18東京・代々木競技場第2体育館「創立35周年記念興行」のメインが王者佐々木健介(41)vs.挑戦者川田利明(43)の3冠ヘビー級選手権試合に決まった。

 8・26両国で鈴木みのる(39)を破った健介の初防衛戦。ハッスルからUターン参戦の川田は昨年8・27両国の太陽ケア戦以来の1年2カ月ぶりの挑戦で、史上最多となる6度目の王座返り咲きを狙う。

 健介と川田の3冠戦は、真っ向勝負の好カードとして素直に嬉しい。しかし最近の全日本には「なぜ?」と首をかしげたくなることが多い。

 まず、7月15日付のリリース。スタン・ハンセンから衆議院議員馳浩へのPWF(全日のタイトル管理団体)会長の交代をファックス1枚で済ませたのだ。'01年1月、「ジャイアント馬場3回忌追悼興行」で引退セレモニーを行った“不沈艦”ハンセンは、ザ・デストロイヤーと並んで全日本マットを支えた最高の功労者。少なくとも本人を招き、リング上で交代のセレモニーをして欲しかった。ハンセンへの礼を欠いた通告と受け取ったのは筆者だけだろうか。創立時から見守ってきた者には、切ない出来事だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 455文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[富士日本GPスペシャル]闘争白書。

Sports Graphic Number 688

[富士日本GPスペシャル]
闘争白書。

 

佐々木健介
全日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ