SCORE CARDBACK NUMBER

オシム初戦から考える、A代表がもたらすもの。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2006/08/31 00:00

オシム初戦から考える、A代表がもたらすもの。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 新生・日本代表が、トリニダード・トバゴを相手に初陣を飾った。ピッチを広く使い、ボールを動かしながら、次の狙いを持って選手が動く。わずか数日の準備にもかかわらず、「日本らしいサッカー」というオシムの狙いは、十分に感じられた試合だった。そのために必要な選手選考もなされていたように思う。

 この試合と前後して、偶然にも1週間で、U―21、U―19、U―16という3世代の日本代表の試合を見ることができた。そこでは、A代表にも共通する良さ(例えば、技術)や課題(例えば、FWの人材難)が見え、実に興味深かった。それぞれ条件が異なるので、一概に比較はできないが、なかでも、最も日本の持ち味を生かそうとしていたのは、U―16代表である。そのスタイルには、オシムの目指すサッカーに通じるものがあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 581文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムの全貌。The Osim Impact

Sports Graphic Number 660

オシムの全貌。
The Osim Impact

 

イビチャ・オシム

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ