NumberEYESBACK NUMBER

全米オープンらしさをかき消したNYの荒天。
~悪天候に泣いたT・ウッズ~ 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byJun Hiraoka

posted2009/07/03 06:00

全米オープンらしさをかき消したNYの荒天。~悪天候に泣いたT・ウッズ~<Number Web> photograph by Jun Hiraoka

連覇を期待されたタイガー・ウッズは4打差の6位に終わった

 全米オープン取材に赴くため、JFK空港でカメラマンたちと待ち合わせた。3人がほぼ同時刻に到着するはずだったが、2人の飛行機は追い風に乗って1時間も早く到着。だが、もう1人の飛行機は突然の雷雲に阻まれ、上空旋回を続けて着陸が4時間も遅れた。諸々の予定が狂ったが、航空会社は「天候はコントロールできない」と知らん顔。「仕方がないさ」と思うしかなかった。

 荒天に見舞われ、中断続きの変則進行になった今年の全米オープンは、まさに「悪天候で混乱した空港」みたいなものだった。雨雲や雷雲の合間を縫って運良く飛べた「飛行機」はその恩恵に与(あずか)った。が、悪天候に直面した「飛行機」は最後まで予定が狂いっぱなしの憂き目を見た。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1077文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[サッカー日本代表特集]変革なくして4強なし。

関連記事

今田竜二
矢野東
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ