NumberEYESBACK NUMBER

連立から再び二項対立へ動き出した格闘技界。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2008/02/28 00:00

連立から再び二項対立へ動き出した格闘技界。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 この春、日本格闘技界の勢力図が大きく様変わりしようとしている。まず3月5日には新興MMA(総合格闘技)イベント『戦極』(せんごく)が旗揚げする。すでに吉田秀彦vs.ジョシュ・バーネットという大一番が決定。さらにPRIDEライト級王者だった五味隆典、昨年大晦日のvs.秋山成勲で大いに名をあげた三崎和雄の参戦も決まった。将棋に例えると、強力な王将、飛車、角が揃った格好だ。

 今年で39歳になる吉田だが、相変わらず知名度は抜群。15カ月のブランクが気になるところだが、他に例を見ない勝負勘を持ち合わせている男だけに、アメリカMMA界の大物との一戦は大いに期待できる。昨年2月のPRIDE33以来、実戦から遠ざかっている五味の復帰も楽しみだ。アメリカ最大のMMA組織UFCを主戦場にするか、それとも国内に踏みとどまるか。昨年までなかなか次の道を選択できなかったが、最終的に日本国内での再起を選択した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 995文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。
吉田秀彦
三崎和雄

格闘技の前後の記事

ページトップ