SCORE CARDBACK NUMBER

アンビリーバブル王者城戸が急成長した理由。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2008/03/13 00:00

アンビリーバブル王者城戸が急成長した理由。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 本命アンディ・オロゴンも対抗TATSUJIも総崩れ。『K―1 WORLD MAX2008〜日本代表決定トーナメント〜』(2月2日・東京)は大波乱の中、幕を閉じた。激闘を制したのは、出場メンバーの中で一番知名度の低かった城戸康裕(谷山)だった。

 「まるで夢を見ているみたい」

 真新しいチャンピオンベルトとともに控室に戻ろうとする道すがら、城戸はそう呟いた。その傍らにいた谷山ジムの谷山歳於会長も「まさか城戸が優勝するなんてね。俺でも予想できなかったよ」と相好を崩した。城戸陣営にとっても今回の優勝はアンビリーバブルだったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2008年の女子力。 The Girl's Power

Sports Graphic Number 699

2008年の女子力。
The Girl's Power

 

城戸康裕

格闘技の前後の記事

ページトップ