NumberEYESBACK NUMBER

ミルコのUFC参戦で、総合はどうなるのか。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

posted2007/01/25 00:00

 昨年9月、PRIDE無差別級GPを制したミルコ・クロコップがUFCに移籍した。UFCは '93年10月、アメリカでスタートした総合格闘技イベントの草分け的存在。金網に囲まれた八角形の試合場オクタゴンを使うのが特徴だ。

 プロ野球選手が大リーグを目指すように、日本人格闘家にとってUFCは憧れの舞台だった。実際宇野薫、高阪剛らはUFCにレギュラー参戦することで、一流の称号を得た。

 しかし日本でスタートしたPRIDEが台頭することで、UFCの価値は下落。国内外を問わず総合格闘家たちはみなPRIDEのリングを目指すようになった。かつてUFCヘビー級王者として君臨したジョシュ・バーネットが第2のホームリングとしてPRIDEを選んだことはそれを如実に物語っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1049文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[RUGBY FOOTBALL CLIMAX]ラグビー 猛き光芒。

格闘技の前後の記事

ページトップ