ロシアW杯 2018 

259件中 1 - 20件を表示
急造の西野ジャパンも学ぶべき!?豪代表ファンマルバイクの超合理主義。

フランス・フットボール通信

急造の西野ジャパンも学ぶべき!?
豪代表ファンマルバイクの超合理主義。

『フランス・フットボール』誌4月3日発売号は、巻末の「ツール・ド・モンド(世界レポート)」でフランスがロシアワールドカップ… 続きを読む

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

2018/04/22

ロベカルが最新セレソンを検証。今と昔のチームの一番の違いは……。

フランス・フットボール通信

ロベカルが最新セレソンを検証。
今と昔のチームの一番の違いは……。

『フランス・フットボール』誌3月27日発売号はブラジル代表の特集である。チッチ監督のもとワールドカップ南米予選を1位で通過し… 続きを読む

フレデリック・エルメルFrederic Hermel

2018/04/17

長谷部「話さなくていいことはある」監督交代劇について選手の反応は?

サッカー日本代表PRESS

長谷部「話さなくていいことはある」
監督交代劇について選手の反応は?

ハリルホジッチの日本代表監督解任発表から1週間がたった。話題性は大きく、皮肉なことにここ数年で初めてスポーツ専門以外のメ… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/04/17

イラン代表には政治的圧力が存在?追放された主力はW杯に出られるか。

海外サッカーPRESS

イラン代表には政治的圧力が存在?
追放された主力はW杯に出られるか。

サッカーは、さまざまな人生を乗せて前進する。まるで、アジアの片隅を走るタクシーのように。交通事故に遭って病院へ運んでくれ… 続きを読む

杉山孝Takashi Sugiyama

2018/04/17

ダバディだけが知る本当の「ハリル」。“鬼才”前日本代表監督との3年間。

サッカー日本代表PRESS

ダバディだけが知る本当の「ハリル」。
“鬼才”前日本代表監督との3年間。

ハリルホジッチ監督が解任された。田嶋会長の会見を聞いた。東京五輪を見込んで、全員日本人で団結したかったということでしょう… 続きを読む

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

2018/04/16

“マイアミの奇跡”を知っているか?西野朗という男が胸に秘めるもの。

サッカー日本代表PRESS

“マイアミの奇跡”を知っているか?
西野朗という男が胸に秘めるもの。

西野朗新監督のもとで、日本代表が新たな体制を整えた。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督のもとでもスタッフを務めた手倉森誠コ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/04/16

国民の心に火をつけるリバプール。CL制覇を実現できる幾つかの理由。

プレミアリーグの時間

国民の心に火をつけるリバプール。
CL制覇を実現できる幾つかの理由。

CL優勝か――。4月半ばのイングランド国内は、にわかにざわめいている。プレミアリーグは、首位のマンチェスター・シティが戴冠… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2018/04/14

西野監督へ「リベロ長谷部」の提言。実は名古屋時代は堅守速攻だった。

ミックスゾーンの行間

西野監督へ「リベロ長谷部」の提言。
実は名古屋時代は堅守速攻だった。

もはや、嘆いていても仕方がない。そろそろ無理にでも前を向きたい。サッカー日本代表のことである。ヴァイッド・ハリルホジッチ… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2018/04/13

中田英寿が語った代表監督交代劇。「僕が考える日本らしいサッカーとは」

Number Ex

中田英寿が語った代表監督交代劇。
「僕が考える日本らしいサッカーとは」

第2期を迎えたNumber Sports Business College、その最初の講師は中田英寿氏だ。サッカー日本代表を初めてのワールドカップ出場… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

2018/04/13

リーズ強化スタッフの藤田俊哉が語る井手口陽介、前倒し移籍の理由と今。

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

リーズ強化スタッフの藤田俊哉が語る
井手口陽介、前倒し移籍の理由と今。

W杯ロシア大会まであと2カ月というこのタイミングで、日本代表のハリルホジッチ監督が解任された。直接のきっかけはベルギー遠征… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

2018/04/13

“選手ファースト”西野朗新監督。あと68日間で何ができるか?

サッカー日本代表PRESS

“選手ファースト”西野朗新監督。
あと68日間で何ができるか?

やたらと「ただし、」の言葉が気になる所信表明だった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を受けて、日本サッカー協会技術委… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2018/04/12

時機を逸した監督交代の唯一の価値、日本人指揮官で戦うということ。

サッカー日本代表PRESS

時機を逸した監督交代の唯一の価値、
日本人指揮官で戦うということ。

日本代表が揺れている。4月9日、日本サッカー協会はヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任を発表した。彼が連れてきた3人の外国… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/04/10

ハリルも嘆く「どうしてこの時期?」W杯直前での解任は英断か、愚策か。

サッカー日本代表PRESS

ハリルも嘆く「どうしてこの時期?」
W杯直前での解任は英断か、愚策か。

4月7日、フランス・パリのホテルにて。ヴァイッド・ハリルホジッチは、日本サッカー協会の田嶋幸三会長の目の前で、驚きと怒りの… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2018/04/09

ジュニア時代の指導者が語る、中島翔哉、サッカー小僧の原点。

サッカー日本代表PRESS

ジュニア時代の指導者が語る、
中島翔哉、サッカー小僧の原点。

中島翔哉、日本代表初出場、初得点。3月23日、国際親善試合、1-1のドローに持ち込んだマリ戦での快挙を、永田雅人(日テレ・ベ… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2018/04/06

もはや恐怖のレバンドフスキ劇場。ドルト粉砕にルンメニゲすら苦笑い。

欧州サッカーPRESS

もはや恐怖のレバンドフスキ劇場。
ドルト粉砕にルンメニゲすら苦笑い。

筆者は3月初旬からドイツ・フランクフルトに居を構えています。当初は、初春にも関わらず気温マイナス10度の極寒で小雪がちらつ… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/04/06

攻めのポゼッションでドイツを翻弄。史上最高のスペインは無敗でW杯へ。

スペインサッカー、美学と不条理

攻めのポゼッションでドイツを翻弄。
史上最高のスペインは無敗でW杯へ。

3月23日に行われたドイツ対スペインの親善試合で、久々に衝撃を受けた。スペインのパス回しが凄すぎたのだ。 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

2018/04/06

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?中村俊輔と母校で考えた環境の話。

“ユース教授”のサッカージャーナル

なぜ代表にFKの名手が不在なのか?
中村俊輔と母校で考えた環境の話。

薄暗い照明、黒色の土のグラウンド――1人の選手がボーっと薄く浮かび上がるように立っていた。雨上がりでグラウンドには、まだ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/04/05

鹿島・三竿健斗の指標であり続ける土肥洋一からのロシアW杯への金言。

JリーグPRESS

鹿島・三竿健斗の指標であり続ける
土肥洋一からのロシアW杯への金言。

ときに指針となる言葉に出会うことがある。鹿島アントラーズの三竿健斗にとっての“それ”は、高校3年の夏。ブラジル・ワールド… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

2018/04/05

ブラジルやスペインから学ぶもの。ハリルJに目指すべき理想はあるか?

欧州サッカーPRESS

ブラジルやスペインから学ぶもの。
ハリルJに目指すべき理想はあるか?

昨年末まで、サッカー専門誌の編集者だった。かれこれ20年以上に及んだキャリアを振り返ると、成功例よりも失敗例の方が鮮明に蘇… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/04/05

長谷部誠も苦笑するしかない現状。5月までに代表メンバーができること。

サッカー日本代表PRESS

長谷部誠も苦笑するしかない現状。
5月までに代表メンバーができること。

インターナショナルマッチウィークが明け、日常の戦いが再開した。欧州各国リーグは終盤戦に入り、最終的な順位争いに向けてもう… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/04/03

ページトップ