バレーボール 

大学最後の冬を石川祐希はどう戦う?イタリアでのプレーは夢への第一歩。

大学最後の冬を石川祐希はどう戦う?
イタリアでのプレーは夢への第一歩。

バレーボールPRESS

プロ意識を常に持ちつつやっていきたい――。記者会見中、石川祐希(中央大学4年)は何度もその言葉を発した。9月26日、中央大学多摩キャンパスで、石川のイタリア・ラティーナ派遣についての記者発表会が行われた。続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/10/01

1年おきにボールが変わっては……。バレー強化の意外な「落とし穴」。

バレーボールPRESS

1年おきにボールが変わっては……。
バレー強化の意外な「落とし穴」。

バレーボール全日本男子の今年最後の国際大会、ワールドグランドチャンピオンズカップ2017(グラチャン)が9月17日に閉幕し、日… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/09/20

人を動かし、時に自ら打つセッター。冨永こよみは司令塔に定着するか。

バレーボールPRESS

人を動かし、時に自ら打つセッター。
冨永こよみは司令塔に定着するか。

9月10日まで開催されたバレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ2017(グラチャン)女子大会で、日本は2勝3敗の5位に… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/09/13

日本男子バレー“二刀流”の得点源。出耒田敬が突如頭角を現した理由。

バレーボールPRESS

日本男子バレー“二刀流”の得点源。
出耒田敬が突如頭角を現した理由。

9月12日、「ワールドグランドチャンピオンズカップ2017」男子大会が開幕する。7月に行われた世界選手権アジア最終予選は4戦全勝… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/09/11

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。アスリートとして、1人の母として。

バレーボールPRESS

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。
アスリートとして、1人の母として。

日に日に大きくなるお腹に手を当てながら、7年後に思いを馳せた。「東京オリンピックの頃、この子は小学生だね」 2013年9月、'2… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/09/05

元日本代表・狩野美雪とデフバレー。指揮官として得た金メダルの意義。

バレーボールPRESS

元日本代表・狩野美雪とデフバレー。
指揮官として得た金メダルの意義。

「もちろん嬉しかったんですけど、『あー終わっちゃったなー』という寂しさもちょっとありました」重責を果たし終えた狩野美雪監… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/08/13

アジア1位は東京五輪へのスタート。石川祐希のサーブは進化の象徴だ。

バレーボールPRESS

アジア1位は東京五輪へのスタート。
石川祐希のサーブは進化の象徴だ。

強打を警戒する相手の前に、ぽとり、と緩くボールが落ちる。7月24日から8月1日までインドネシア・スラバヤで開催されたアジア選… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/08/10

日本には、“省エネ”バレーが必要だ。中田監督が新鍋理沙に託した役割。

バレーボールPRESS

日本には、“省エネ”バレーが必要だ。
中田監督が新鍋理沙に託した役割。

北京、ロンドン五輪金メダル王者から6年ぶりに挙げた白星。7月16日、カメイアリーナ仙台で開催されたワールドグランプリで、日本… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/07/21

男子バレーを生まれ変わらせる仕事。ブランコーチが掲げる3つのポイント。

バレーボールPRESS

男子バレーを生まれ変わらせる仕事。
ブランコーチが掲げる3つのポイント。

ネットから少し離れた場所に置かれたリングに、6本中3本、コート後方や逆サイドからの2段トスが入れば練習終了。きれいにスッと… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/07/11

新生女子バレー代表のキーマン宮下遥。「これはもう失敗できねーなーって」

バレーボールPRESS

新生女子バレー代表のキーマン宮下遥。
「これはもう失敗できねーなーって」

中田久美新監督が率いるバレーボールの全日本女子がまもなく初陣を迎える。注目は、かつて自身も全日本の司令塔として1984年ロサ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/07/06

高さ以前に、日本は技術が足りない。中田久美が開始したバレー観の革命。

バレーボールPRESS

高さ以前に、日本は技術が足りない。
中田久美が開始したバレー観の革命。

全体が見える場所で静かに、練習を見守る。口を開くのは2、3回あるかないか。おそらく世間が抱くであろうイメージとは真逆の姿で… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/07/04

柳田将洋をラクにする新セッター。男子バレー進化の象徴・藤井直伸。

バレーボールPRESS

柳田将洋をラクにする新セッター。
男子バレー進化の象徴・藤井直伸。

6月9日~11日、群馬県の高崎アリーナでバレーボール男子のワールドリーグ2017が開催された。国内で行われた今年最初の国際大会で… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/06/15

柳田将洋「このままでは埋もれる」。男子バレーで海外移籍、プロ転向。

バレーボールPRESS

柳田将洋「このままでは埋もれる」。
男子バレーで海外移籍、プロ転向。

4月24日、男子バレーボール日本代表の柳田将洋がプロに転向し、海外移籍を目指すことを所属チームであるサントリーサンバーズが… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/05/23

成徳仕込みの体幹と即興の修正力。黒後愛は木村沙織と違う道を行く。

バレーボールPRESS

成徳仕込みの体幹と即興の修正力。
黒後愛は木村沙織と違う道を行く。

19時を過ぎた大阪市中央体育館に、ズドン、にも、ドスン、にも聞こえるスパイク音が響く。 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/05/17

「バレー人生すべてを懸けて闘う」中田久美新監督、東京五輪で頂点を。

Number PLAYBACK

「バレー人生すべてを懸けて闘う」
中田久美新監督、東京五輪で頂点を。

'17年春からバレーボール全日本女子を率いる新指揮官は、「バレー界への最後の恩返し」という熱い思いを胸に、世界の頂、東京五… 続きを読む

吉井妙子Taeko Yoshii

2017/05/11

木村沙織は天才で、練習の虫だった。独自に編み出してきた練習法の数々。

バレーボールPRESS

木村沙織は天才で、練習の虫だった。
独自に編み出してきた練習法の数々。

感謝と安堵。今シーズンのV・プレミアリーグを最後に現役を引退した木村沙織が、3月22日に行われた引退記者会見で語った言葉には… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/03/29

男子バレーの頂点はサーブの東レ。「安全に入れていく」からの転換。

バレーボールPRESS

男子バレーの頂点はサーブの東レ。
「安全に入れていく」からの転換。

「選手、スタッフが本当によく耐えてくれました」優勝監督インタビューでマイクを向けられた小林敦監督が、涙をこらえようと言葉… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/03/23

古賀紗理那、五輪落選からの復活。きっかけは木村沙織と仲間の言葉。

バレーボールPRESS

古賀紗理那、五輪落選からの復活。
きっかけは木村沙織と仲間の言葉。

優勝まであと1点。V・プレミアリーグ女子大会決勝、14-6とNECレッドロケッツが大きくリードして迎えた最終セット。サーバーは古… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/03/22

Vリーグの新制度ゴールデンセット。最後の25点で全てが決まる緊張感!

バレーボールPRESS

Vリーグの新制度ゴールデンセット。
最後の25点で全てが決まる緊張感!

昨年10月に開幕したバレーボールの2016-17V・プレミアリーグは残すところ1週となった。レギュラーラウンドの上位6チームが「ファ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2017/03/17

木村沙織がいない女子バレーの今後。引退試合で再認識した存在の大きさ。

バレーボールPRESS

木村沙織がいない女子バレーの今後。
引退試合で再認識した存在の大きさ。

応援席に、笑顔で手を振る。シーズン開幕前から、今季がラストシーズンと明言していた木村沙織の、おそらくこれが現役最後の試合… 続きを読む

田中夕子Yuko Tanaka

2017/03/07

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ