サッカー日本代表 

個人勝負の攻撃なら武藤嘉紀だ!マインツでの孤軍奮闘を代表でも。

個人勝負の攻撃なら武藤嘉紀だ!
マインツでの孤軍奮闘を代表でも。

ミックスゾーンの行間

日本がベルギーに敗れた翌日。朝7時過ぎにブルージュを出発する列車に飛び乗り、昼頃にドイツ・マインツに下り立った。続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/11/23

本田、岡崎、香川とハリル戦術。それぞれの相性を今一度検証する。

ミックスゾーンの行間

本田、岡崎、香川とハリル戦術。
それぞれの相性を今一度検証する。

ベルギー・ブルージュのナイトゲーム。試合後、スタジアム脇に設けられた取材ゾーンはテントが張られた簡易的な作りだった。日本… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/11/22

福西崇史が見た日本の改善ポイント。要所を守る意識、奪ってからの速度。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が見た日本の改善ポイント。
要所を守る意識、奪ってからの速度。

ベルギー戦はブラジル戦と比較すると、試合の入りから守備の意識を統一できていました。やるべきことをやった分だけ、ベルギーの… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2017/11/17

長谷部誠「割り切った戦い方を」。ハリルJ、連敗を謙虚に受け入れて。

サッカー日本代表PRESS

長谷部誠「割り切った戦い方を」。
ハリルJ、連敗を謙虚に受け入れて。

今回のベルギー戦、4年前の対戦と同様に、ミックスゾーンで選手たちが口にした言葉がある。「よくコミュニケーションをとり、守… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/11/17

引いて守るなら、カウンターが必要。日本の攻め手を消したベルギーの策。

サッカー日本代表PRESS

引いて守るなら、カウンターが必要。
日本の攻め手を消したベルギーの策。

試合開始の笛と共に、日本はこの試合におけるプランをピッチで示した。日本のプランは、ベルギー陣地からの果敢なプレッシングと… 続きを読む

らいかーるとRijkaard

2017/11/16

オシムは今も日本を気にかけている。「ハリルホジッチはどうしている?」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムは今も日本を気にかけている。
「ハリルホジッチはどうしている?」

夏の間、サラエボから自宅のあるグラーツに戻り、検査と保養を兼ねてバカンスを過ごしたイビチャ・オシムは、ワールドカップ予選… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2017/11/16

「ジョホールバルの歓喜」から20年――。ラーキンスタジアムの今を訪ねた。

サッカー日本代表PRESS

「ジョホールバルの歓喜」から20年――。
ラーキンスタジアムの今を訪ねた。

「ジョホールバル」「ラーキンスタジアム」と聞いて、ピンと来ないサッカーファンはいないだろう。1997年11月16日。日本代表が初… 続きを読む

磯貝哲也Tetsuya Isogai

2017/11/16

本田、香川、岡崎が不在だった強豪2連戦。もっとも重要性を感じた選手は?

言わせろ!ナンバー

本田、香川、岡崎が不在だった強豪2連戦。もっとも重要性を感じた選手は?

Number編集部Sports Graphic Number

2017/11/15

この0-1は「惜敗」と呼べるのか。ロシアW杯の展望は限りなく逆境。

サッカー日本代表PRESS

この0-1は「惜敗」と呼べるのか。
ロシアW杯の展望は限りなく逆境。

これで、良かったのだ。くしくも4年前の11月に、日本はベルギーに3-2で勝利した。敵地ブリュッセルでつかんだ勝利によって、ア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/11/15

福西崇史が語る強豪相手の対処法。“どこで奪うか”を一致させないと……。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が語る強豪相手の対処法。
“どこで奪うか”を一致させないと……。

ブラジル戦、世界のトップとの差は歴然だったと言わざるを得ない試合でした。前半から「前から奪いに行きたい」と、チャレンジし… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2017/11/14

ベルギー戦で日本は何を見せるのか。親善試合で結果よりも大切なこと。

サッカー日本代表PRESS

ベルギー戦で日本は何を見せるのか。
親善試合で結果よりも大切なこと。

「僕らはあんまり型もないですし、しっかり相手に合わせていくということが、逆にいえば、僕らのサッカー。試合でパニックになら… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/11/14

なぜブラジル戦はあの展開だったか。イレギュラーな瞬間の対応力向上を。

サッカー日本代表PRESS

なぜブラジル戦はあの展開だったか。
イレギュラーな瞬間の対応力向上を。

試合のオープニングは、ハリルホジッチらしい現象から始まった。ブラジル陣地からの日本の果敢なプレッシングは、この試合におけ… 続きを読む

らいかーるとRijkaard

2017/11/13

過去のブラジル戦と似た結果、内容。それでも得られた日本の収穫とは?

サッカー日本代表PRESS

過去のブラジル戦と似た結果、内容。
それでも得られた日本の収穫とは?

12、3、18の次は10だった。そして、結果は同じだった。2012年10月にポーランドで開催されたブラジル戦で、日本は開始12分に先制… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/11/11

“川崎山脈”から日本代表、高校教師へ。代表1キャップ、箕輪義信の人生。

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

“川崎山脈”から日本代表、高校教師へ。
代表1キャップ、箕輪義信の人生。

箕輪先生。現在の箕輪義信の職場での呼び名はこうだ。現在41歳。高校教師はもともとやってみたい職業だった。2010年にコンサドー… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2017/11/10

選手間コミュニケーションはOKか。昌子源が語る「CBの声」の重要性。

サッカー日本代表PRESS

選手間コミュニケーションはOKか。
昌子源が語る「CBの声」の重要性。

11月8日、フランス・リール郊外のスタジアムで日本代表の練習が行われた。ウォーミングアップ前に選手たちにビブスが配られる。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/11/10

ハリルが中盤で進めるMF観の革命。組み立て役と守備役、分業の終わり。

オフサイド・トリップ

ハリルが中盤で進めるMF観の革命。
組み立て役と守備役、分業の終わり。

世界2位のブラジル、そして5位のベルギー。ロシア大会を視野に入れた、日本代表の強化試合が目前に迫ってきた。 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/11/09

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。ハリルinフランス、自然体の記者会見。

ミックスゾーンの行間

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。
ハリルinフランス、自然体の記者会見。

語気を強め、刺激的な言葉を頻繁に発していく。きっと、日本国内でヴァイッド・ハリルホジッチ監督の印象といえば、こんなところ… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/11/09

「こうやって代表選手は変わるんだ……」浅野拓磨が代表で感じた、ある変化。

サッカー日本代表PRESS

「こうやって代表選手は変わるんだ……」
浅野拓磨が代表で感じた、ある変化。

「これまでとスタジアムの雰囲気が全く違うんです」10月10日に開催されたキリンチャレンジカップ第2戦の日本vs.ハイチ戦後、浅野… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/11/07

日本の特産品“トップ下”が消える?本田・香川が外れた戦術的な意味。

オフサイド・トリップ

日本の特産品“トップ下”が消える?
本田・香川が外れた戦術的な意味。

「もちろん私はどちらのチームもリスペクトするが、何かをトライしに行きたい」ダークスーツに身を包んだハリルホジッチ監督が、… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/11/04

川崎・車屋紳太郎「去年は何かが」風間仕込みの技術、鬼木仕込みの執念。

サムライブルーの原材料

川崎・車屋紳太郎「去年は何かが」
風間仕込みの技術、鬼木仕込みの執念。

その左足は、勝負をあきらめない。豪雨によって水たまりがピッチに点在した10月29日の柏レイソルvs.川崎フロンターレ戦。1-2で… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/11/04

ページトップ