その他スポーツ 

陸上トップ選手から7人制ラグビーへ。“ママさん選手”寺田明日香が代表に!

陸上トップ選手から7人制ラグビーへ。
“ママさん選手”寺田明日香が代表に!

ラグビーPRESS

「ママ、きょうも練習?」 寺田明日香が練習に向かう日には、娘の果緒ちゃんはそう声をかける。練習の意味も、ママが何をしているかもきっと分かっていない。続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

2017/01/19

ラグビー日本選手権から大学枠が撤廃。どう思う?

言わせろ!ナンバー

ラグビー日本選手権から大学枠が撤廃。どう思う?

Number編集部Sports Graphic Number

2017/01/19

“早めのフェデラー”はむしろ幸運?全豪、錦織圭の挑戦者スイッチON!

錦織圭、頂への挑戦

“早めのフェデラー”はむしろ幸運?
全豪、錦織圭の挑戦者スイッチON!

死の組、死のブロック……月曜日に開幕した全豪オープンで、錦織圭が勝ち進んでいかなくてはいけないブロックに関して、ドロー抽… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2017/01/17

167cmの選手が人生初のダンク成功!?田臥に並ぶBリーグの“顔”富樫勇樹。

バスケットボールPRESS

167cmの選手が人生初のダンク成功!?
田臥に並ぶBリーグの“顔”富樫勇樹。

時代の変わるにおいを、かいだことはあるだろうか。1月15日の日曜日。Bリーグ初のオールスターが行われた代々木第一体育館では、… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2017/01/17

東京五輪で越川優&ゴッツ組実現!?彼らがビーチバレーに転向する理由。

バレーボールPRESS

東京五輪で越川優&ゴッツ組実現!?
彼らがビーチバレーに転向する理由。

北京オリンピックに出場したバレーボール選手の越川優(JTサンダーズ)が、5月の黒鷲旗全日本男女選抜大会を最後に、ビーチバレ… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/01/16

春高バレー女子2連覇の下北沢成徳。黒後愛、次の目標は東京五輪代表!

バレーボールPRESS

春高バレー女子2連覇の下北沢成徳。
黒後愛、次の目標は東京五輪代表!

1月4日から5日間にわたって熱戦が繰り広げられた第69回全日本高等学校選手権大会(春の高校バレー)。女子は大山加奈、荒木絵里… 続きを読む

石井宏美Hiromi Ishii

2017/01/15

福原愛が五輪直後に語った本心。「胸にこみあげたのは、安堵感だけ」

Number PLAYBACK

福原愛が五輪直後に語った本心。
「胸にこみあげたのは、安堵感だけ」

自身4度目の五輪となったリオデジャネイロ大会では、ロンドンに続き、団体で2大会連続メダルに輝いた。主将という重責も担いなが… 続きを読む

城島充Mitsuru Jojima

2017/01/15

卓球、プロリーグ化されたら見たい?

言わせろ!ナンバー

卓球、プロリーグ化されたら見たい?

Number編集部Sports Graphic Number

2017/01/13

日本一に輝いた千葉ジェッツの誘惑。ライバル、初タイトル、理想の体験。

バスケットボールPRESS

日本一に輝いた千葉ジェッツの誘惑。
ライバル、初タイトル、理想の体験。

野球やサッカーと比べれば、現時点では、ケタが違う。でも、バスケットボールの最多観客動員の千葉ジェッツというチームには、プ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2017/01/13

福井、辻野、修造、そして本人!みんなで語る4大大会、錦織圭の勝算。

Number Ex

福井、辻野、修造、そして本人!
みんなで語る4大大会、錦織圭の勝算。

「錦織くん、なかなかグランドスラム勝てないね」世界ランク5位で2016年を終え、グランドスラムで4強、決勝も経験している錦織圭… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/01/12

<錦織が開いた世界への扉> 日本男子新世紀を担う3人。 ダニエル太郎/西岡良仁/綿貫陽介

Sports Graphic Number

<錦織が開いた世界への扉> 日本男子新世紀を担う3人。 ダニエル太郎/西岡良仁/綿貫陽介

日本男子新世紀を担う3人。錦織の活躍で世界の戦いは確かに我々の身近になった。だがそれはテニス人気なのか、錦織ひとりの人気… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2017/01/12

錦織圭らが日の丸を背負い世界に挑む!デビスカップの会場を「赤い衝動」が包む。

Sports Graphic Number Web

錦織圭らが日の丸を背負い世界に挑む!
デビスカップの会場を「赤い衝動」が包む。

テニスの聖地・有明が、2月3、4、5日の三日間、情熱の「ファイヤーレッド」に染まる――。有明コロシアムで開催される、デビスカ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/01/12

青学の存在で、優勝を信じられない?早稲田がハマった「追う者の弱み」。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学の存在で、優勝を信じられない?
早稲田がハマった「追う者の弱み」。

本来であれば、早稲田は往路で勝っていなければいけなかった――。1月3日の閉会式会場で、早大の相楽豊監督と話した末の結論であ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/12

18歳以下世界ランクでトップ5独占!卓球女子は伊藤、平野以外も充実。

オリンピックへの道

18歳以下世界ランクでトップ5独占!
卓球女子は伊藤、平野以外も充実。

1月16日から、卓球の全日本選手権が始まる。大会の開幕を前に、思い起こす言葉がある。リオデジャネイロ五輪のあと、団体戦に出… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/11

東洋大は、今年も優勝を狙っていた。「青学時代」に抗う名門のプライド。

スポーツ・インテリジェンス原論

東洋大は、今年も優勝を狙っていた。
「青学時代」に抗う名門のプライド。

「疲れました、今年の箱根は」閉会式会場で東洋大の酒井俊幸監督と出くわすと、いきなりそう話しかけてきた。その真意を尋ねる。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/11

5-0は大差か、勝負のアヤか。青森山田だけが持っていたもの。

“ユース教授”のサッカージャーナル

5-0は大差か、勝負のアヤか。
青森山田だけが持っていたもの。

2017年1月9日、第95回全国高校サッカー選手権大会決勝。埼玉スタジアムで栄冠に輝いたのは、青森県代表の青森山田高校だった。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/01/10

羽生結弦不在の全日本の舞台裏。宇野昌磨、無良崇人らは何と戦った?

フィギュアスケートPRESS

羽生結弦不在の全日本の舞台裏。
宇野昌磨、無良崇人らは何と戦った?

宇野昌磨の初優勝で幕を閉じた第85回全日本選手権。直前に4連覇中の羽生結弦がインフルエンザのため欠場することが決定し、絶対… 続きを読む

石井宏美Hiromi Ishii

2017/01/10

青学を強くした「筋肉の優先順位」。ひねりは不要、腕立てはしない!?

箱根駅伝PRESS

青学を強くした「筋肉の優先順位」。
ひねりは不要、腕立てはしない!?

記録ずくめの優勝だった。1月2、3日に行なわれた箱根駅伝で、青山学院大が史上6校目の3連覇を達成したのである。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/01/09

タカマツペア、強さの源はギャップ。リオ五輪の逆転劇生んだ無理と道理。

Number PLAYBACK

タカマツペア、強さの源はギャップ。
リオ五輪の逆転劇生んだ無理と道理。

高校時代にペアを結成した当時は、まさかここまで来られるとは想像していなかった。苦楽を共にし、走り続けた10年間。2人はよう… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2017/01/09

挑戦し続ける意志と過程の尊さ。浅田真央と村上佳菜子の未来。

オリンピックへの道

挑戦し続ける意志と過程の尊さ。
浅田真央と村上佳菜子の未来。

2016年12月25日、全日本選手権女子。フリーを終えて、対照的な表情を見せた2人の心根には、相通ずるものがあったかもしれない。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/07

ページトップ