F1 

“鈴鹿に14万人しか来ない”なのか?日本GPの意義、問題の根本を考える。

“鈴鹿に14万人しか来ない”なのか?
日本GPの意義、問題の根本を考える。

F1ピットストップ

鈴鹿サーキットで開催された今年の日本GPの観客数が、10月8日の決勝レース日(6万8000人)、3日間合計(13万7000人)でも過去最少を更新した。続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/21

マクラーレン・ホンダ、ラスト鈴鹿!最後まで諦めなかったアロンソの意地。

F1ピットストップ

マクラーレン・ホンダ、ラスト鈴鹿!
最後まで諦めなかったアロンソの意地。

マクラーレンとパートナーを組んで2015年にF1に復帰したホンダにとって、今年の日本GPはマクラーレンと組んで戦う3回目のグラン… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/10

ハミルトンvs.ベッテルと鈴鹿愛。「まるで神の手で作られたような」

F1ピットストップ

ハミルトンvs.ベッテルと鈴鹿愛。
「まるで神の手で作られたような」

「鈴鹿では、近年稀に見る激戦が展開されるだろう」10月1日に行われたマレーシアGP、ルイス・ハミルトンが2位を獲得したメルセデ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/05

F1ホンダ提携解消、その本質は。「研究所」と「青山」に距離はないか。

F1ピットストップ

F1ホンダ提携解消、その本質は。
「研究所」と「青山」に距離はないか。

「今回、志半ばでマクラーレンと袂を分かつのは非常に残念ですが、お互いの将来に向けた最善の道として決断しました。これまでマ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/09/24

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。マクラーレンの批判と31年前の危機。

F1ピットストップ

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。
マクラーレンの批判と31年前の危機。

イタリアGPが開催されるモンツァは、ホンダにとって忘れることができない思い出が詰まったサーキットだ。史上最強と謳われたマク… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/09/10

F1チームの急成長には日本人あり?ドライバー不在もエンジニアが活躍。

F1ピットストップ

F1チームの急成長には日本人あり?
ドライバー不在もエンジニアが活躍。

「あるチームが突然、速くなったら、日本人エンジニアが加入したと思え」 2014年から3連覇しているメルセデスのスポーティングデ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/08/27

F1ライセンス取得条件は厳しすぎ?リザーブドライバー不在に見る問題。

F1ピットストップ

F1ライセンス取得条件は厳しすぎ?
リザーブドライバー不在に見る問題。

夏休み前、最後の一戦となったハンガリーGPで、ちょっとしたハプニングが起きた。ウイリアムズのレギュラードライバーを務めるフ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/08/13

セナ対ピケ、ホンダのバトン優勝……。退屈に見えて名コースのハンガリーGP。

F1ピットストップ

セナ対ピケ、ホンダのバトン優勝……。
退屈に見えて名コースのハンガリーGP。

いまから31年前の1986年、東ヨーロッパで初のF1、ハンガリーGPが開催された。時は東西冷戦が続く時代。鉄のカーテンをこじ開けた… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/07/28

マクラーレンと契約解消? F1撤退?ホンダを巡る不穏な噂の真偽は……。

F1ピットストップ

マクラーレンと契約解消? F1撤退?
ホンダを巡る不穏な噂の真偽は……。

F1の世界では、噂話は日常だ。そんな中、マクラーレンとホンダの関係を巡る噂が後を絶たない。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/07/15

F1王者“体当たり”は過失か故意か? ベッテルとハミルトンに新たな遺恨。

F1ピットストップ

F1王者“体当たり”は過失か故意か?
ベッテルとハミルトンに新たな遺恨。

事件は、6月25日のアゼルバイジャンGPの決勝レースで発生した。セーフティーカー走行中にトップのルイス・ハミルトン(メルセデ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/07/01

セナのヘルメットに震えが止まらず。偉業に並んだハミルトンの敬意。

F1ピットストップ

セナのヘルメットに震えが止まらず。
偉業に並んだハミルトンの敬意。

「学校から帰宅したら、アイルトンのビデオテープをよく見ていたね。だからいま、ここで彼の記録に並んだことが信じられない。こ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/06/18

佐藤琢磨の快挙がホンダの勇気に。インディ500制覇、F1界からも祝福。

F1ピットストップ

佐藤琢磨の快挙がホンダの勇気に。
インディ500制覇、F1界からも祝福。

今年のモナコGPはセバスチャン・ベッテルがトップでチェッカーフラッグを受けた後も“レースが続いた”。モナコGPが終了してから… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/06/04

ファンと交流進めるF1で心温まる話。フェラーリとライコネンの神対応。

F1ピットストップ

ファンと交流進めるF1で心温まる話。
フェラーリとライコネンの神対応。

あるチームとドライバーが行った心温まるファンサービスが、世界中の話題を集めた。フェラーリと、キミ・ライコネンだ。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/05/24

ホンダ大不振払拭のきっかけに?パワーユニット複数供給と政治力。

F1ピットストップ

ホンダ大不振払拭のきっかけに?
パワーユニット複数供給と政治力。

ホンダが、2018年から現在のマクラーレンのほかにザウバーにもパワーユニット(PU)を供給することが発表された。ホンダの長谷川… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/05/10

異例すぎるモナコ欠場インディ参戦。アロンソの挑戦はホンダあってこそ。

F1ピットストップ

異例すぎるモナコ欠場インディ参戦。
アロンソの挑戦はホンダあってこそ。

「マクラーレンとホンダ、そしてアンドレッティ・オートスポーツとともにインディ500に出場できることを楽しみにしている」 これ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/04/23

フェラーリ復活劇とタイヤの超進化。F1開幕戦、新時代を凝縮した一戦に。

F1ピットストップ

フェラーリ復活劇とタイヤの超進化。
F1開幕戦、新時代を凝縮した一戦に。

「今日はずっと攻め続けることができた。昨年は2周走っただけでタイヤがどんどん劣化していたけど、今年はプッシュし続けられる… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/04/07

アロンソのホンダ批判は正当なのか。マクラーレンの車体も問題が山積。

F1ピットストップ

アロンソのホンダ批判は正当なのか。
マクラーレンの車体も問題が山積。

「問題はひとつだけだ。パワーユニットだ」シーズン開幕へ向けて開かれた合同テストで、フェルナンド・アロンソが珍しく公然とホ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/03/24

82億円で“パパ”がシートご購入!?F1史上最強のお坊ちゃま新人、現る。

F1ピットストップ

82億円で“パパ”がシートご購入!?
F1史上最強のお坊ちゃま新人、現る。

今年、とんでもないルーキーがF1デビューを果たす。カナダ出身、わずか18歳のランス・ストロールだ。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/03/12

今季F1は仕様変更が多く大荒れに!?合同テストでの注目ポイントは……。

F1ピットストップ

今季F1は仕様変更が多く大荒れに!?
合同テストでの注目ポイントは……。

2月下旬、2017年シーズンに向けて、F1が動き出した。2月27日から開始される合同テストを前に、各チームがニューマシンを発表した… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/03/05

F1撤退マノーと日本人メカニック。「信頼関係」を最後まで貫いた男気。

F1ピットストップ

F1撤退マノーと日本人メカニック。
「信頼関係」を最後まで貫いた男気。

F1から、またひとつのチームが去った。2010年にヴァージンという名称でF1に参戦し、その後、オーナーが交代するたびにチーム名を… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/02/13

ページトップ