月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

山田哲人に履正社監督からメール……。
プチ鹿島3月のスポーツ新聞時評。

posted2017/04/03 16:30

 
山田哲人に履正社監督からメール……。プチ鹿島3月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

ホームランではないことを塁間で伝えられた瞬間の山田。こういったハプニングもまた、WBC、ひいては野球の妙味である。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 プロ野球開幕。

 いつもの風景が戻ってにぎやか。

 しかし今年は3月もド派手だった。そう「WBC」である。

 国際試合の魅力のひとつに、いつもは相手チームにいる選手を応援する楽しさがある。なんなら、普段やられている側のファンこそ、その選手の実力はよーく知っている。

 筒香、千賀、菊池……。彼らへの声援のなかには「隣の芝生は青く見えるが、実際に体験したらやっぱり青かった」という嬉しさも発生しているのだ。

 それはスポーツ新聞にも同じことが言える。3月17日の「デイリースポーツ」は歴史的な1面となった。

「菅野託した 準決勝先発」

 熱烈な阪神推しのデイリーが、仇敵・巨人のエース菅野の写真を1面に大きく載せ、「託した」と書いていたのだ。

 なんかいいもん見た。

イチローが築き上げてくれた、WBCのお祭りムード。

 WBCに感じる、どこか感傷的な成分も含むお祭りムード。それはイチローが築き上げてくれたものだ。

 WBC黎明期の頃、この大会がどんなものか皆が様子をうかがっていたときに、イチローが張り切ったことで「乗れる」案件となった。

 あの頃すでにメジャーでスーパースターとなっていたイチロー。アメリカで活躍すればするほど嬉しかったが、一方で、もう日本の野球には興味が無いのだろうなぁと勝手に想像していた。それも仕方ないと思っていた。村にずば抜けた天才が出現し、その青年が大都会(メジャー)へ行った。ちょっとだけ寂しいけどみんなで応援しようという田舎のおじさんのような気持ち。

 しかし、イチローは帰ってきたのだ。それどころか自ら率先して「村」を盛り上げようと熱くなっていた。

 これだけで村民はヤラれた。

【次ページ】 WBCって「お盆」みたいなものではないか、と。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
山田哲人
イチロー
菅野智之
阪神タイガース
読売ジャイアンツ
侍ジャパン
WBC

ページトップ