月刊スポーツ新聞時評 

'82年組、節分、富美加、金正男……。プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。

'82年組、節分、富美加、金正男……。
プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

「神ってる」は去年の流行語大賞ですが、今月のスポーツ新聞で「神がかってる」と思えたのが次の記事。『デビュー35年 「花の82年組」』(スポーツ報知・2月4日)アイドル豊作の年としても語り継がれる「花の82年組…続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/02/28

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。
プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

稀勢の里の初優勝に沸いた大相撲初場所。一方で、横綱昇進決定の過程は「横綱審議委員会ってなんなの?」とも思わせた一件でもあ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/02/01

「神ってる」は本当に流行ってる?プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

「神ってる」は本当に流行ってる?
プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

スポーツ新聞の魅力とは何か?それは「大仰さ」であると思う。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/12/28

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。
サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

今年は「まさか」の年。SMAPだ、清原だ、「こち亀」連載終了だ、といろいろあったけど、「まさか」のクライマックスが今月ついに… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/30

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。
プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

盛り上がった日本シリーズ。スポーツ新聞で「活字野球」を味わうのも魅力のひとつだ。それでいくと第5戦。日ハム・西川遥輝のサ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/01

大谷翔平をどう語れば良いのか!?プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

大谷翔平をどう語れば良いのか!?
プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

大谷翔平のことを語れば語るほど言葉の無力を感じてしまう。「天才」「ヒーロー」「奇跡」「伝説」――。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/30

盆と正月がいっぺんにやってきた?プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

盆と正月がいっぺんにやってきた?
プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

「盆と正月がいっぺんにやってきた」という言葉がある。8月のスポーツ新聞はまさにそうだった。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/01

プチ鹿島、7月のスポーツ新聞時評。都知事選をスポーツ紙で読み解く。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、7月のスポーツ新聞時評。
都知事選をスポーツ紙で読み解く。

7月31日におこなわれた東京都知事選。舛添都知事の辞任後に「知名度優先の人気投票のような都知事選はもういい」という意見があ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/08/01

プチ鹿島、6月のスポーツ新聞時評。「神ってる」「アモーレ」流行語続々!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、6月のスポーツ新聞時評。
「神ってる」「アモーレ」流行語続々!

プロ野球の交流戦が終了し、リーグ戦再開(6月24日)までに数日間の空白があった。こういうとき、1面に何を書くかで各スポーツ新… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/07/01

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。
プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

なんと言っても今月はプロ野球のコリジョンルール(衝突回避ルール)だろう。簡単にいうと「本塁での危険なクロスプレー禁止」の… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/31

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。
阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。

そもそもスポーツ新聞とは何だろう。「白なのに黒だとは書かない。負けたのに勝ったとは書かないし、打ってもないのに打ったとは… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/02

プチ鹿島、3月のスポーツ新聞時評。「野球だけ」の明るい記事が読みたい!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、3月のスポーツ新聞時評。
「野球だけ」の明るい記事が読みたい!

今月は「なでしこジャパン」をめぐる報道から。アジア最終予選でふるわず、リオ五輪出場を逃した。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/03/30

プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。プロ野球キャンプを堪能する方法。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。
プロ野球キャンプを堪能する方法。

2月はプロ野球キャンプイン。私がとくに注目していた日が「2月3日」である。節分の日だ。各球団がスポーツ新聞の記事づくりに協… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/03/01

プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。主役は琴奨菊……じゃなくてSMAP!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。
主役は琴奨菊……じゃなくてSMAP!?

1月20日、「中井 SMAP曲存続」(スポーツニッポン)という見出しがあった。記事は「巨人の中井大介」について書かれたものだ。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/02/01

プチ鹿島、12月のスポーツ新聞を切る!プロ野球契約更改のドラマを味わう。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、12月のスポーツ新聞を切る!
プロ野球契約更改のドラマを味わう。

「流行語大賞問題」とでも呼ぼうか。ここ数年「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されると「なんでその言葉なの?」というザワ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/12/28

プチ鹿島が11月のスポーツ新聞を切る!梨田監督と力道山の偉大さを考える。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島が11月のスポーツ新聞を切る!
梨田監督と力道山の偉大さを考える。

セ・リーグの監督はすべて40代になった。流れは一気に世代交代のムード。しかしベテラン監督も負けてはいない。というのもスポー… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/12/01

プチ鹿島、10月のスポーツ新聞世相。巨人監督人事をめぐる「空白の一日」。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、10月のスポーツ新聞世相。
巨人監督人事をめぐる「空白の一日」。

こんにちはプチ鹿島です。前回の時評の最後に私はこんなことを書きました。《月末ギリギリには「原監督 V逸なら解任も 後任候補… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/11/04

プチ鹿島、9月のスポーツ新聞世相。MVPは桐谷美玲(元ラグビー部マネ)。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、9月のスポーツ新聞世相。
MVPは桐谷美玲(元ラグビー部マネ)。

今月はなんといってもラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会から。9月19日の1次リーグB組初戦で日本代表は世界3… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/09/29

清宮幸太郎フィーバーは、若貴フィーバーなのだ!

月刊スポーツ新聞時評

清宮幸太郎フィーバーは、
若貴フィーバーなのだ!

「甲子園は清宮のために」かつての名実況「甲子園は清原のためにあるのか!?」(植草貞夫)を想起させるこの見出し。早実の1年生… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/08/25

プチ鹿島が眺める7月の新聞世相。セ界は見たこともない時代に突入!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島が眺める7月の新聞世相。
セ界は見たこともない時代に突入!

私たちは今、見たこともない世界を体験している。「セ全体が交流戦に弱すぎた」、「リーグ戦再開、さぁ来月の今頃はどうなってい… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/07/26

ページトップ