月刊スポーツ新聞時評 

吉田麻也の機転と甲子園タオル回し。プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

吉田麻也の機転と甲子園タオル回し。
プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

その不穏な見出しは「運命の一戦」日本対オーストラリア戦の前日。「ハリル解任のために負けたいの? 日本襲う 豪 怪問答」(日刊スポーツ・8月30日)続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/09/01

清宮はオヤジジャーナルの星だった。プチ鹿島7月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

清宮はオヤジジャーナルの星だった。
プチ鹿島7月のスポーツ新聞時評。

2020年の東京五輪の開催までほぼ3年となった7月14日。スポーツ新聞には五輪関連の記事が大きく載った。「20年『東京五輪音頭』加… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/07/31

報知から読み解く巨人軍の不思議。プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

報知から読み解く巨人軍の不思議。
プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。

前回、「チームが好調な場合と不調な場合、“推し”スポーツ紙からどれだけ喜怒哀楽が伝わってくるか」というウオッチをしてみま… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/06/30

「実はおちゃめ」森繁和監督を読む。プチ鹿島5月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

「実はおちゃめ」森繁和監督を読む。
プチ鹿島5月のスポーツ新聞時評。

先月のこの連載コラムで、「たまには巨人ファンは『デイリースポーツ』を、阪神ファンは『スポーツ報知』をチェックしてみるとよ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/05/31

阪神なら報知、巨人ならデイリー!?プチ鹿島4月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

阪神なら報知、巨人ならデイリー!?
プチ鹿島4月のスポーツ新聞時評。

最近「新聞の読み比べの楽しさを語ってください」といろんなところで言われます。新聞を擬人化すれば“おじさん”だと思うのです… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/05/01

山田哲人に履正社監督からメール……。プチ鹿島3月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

山田哲人に履正社監督からメール……。
プチ鹿島3月のスポーツ新聞時評。

プロ野球開幕。いつもの風景が戻ってにぎやか。しかし今年は3月もド派手だった。そう「WBC」である。国際試合の魅力のひとつに、… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/04/03

'82年組、節分、富美加、金正男……。プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

'82年組、節分、富美加、金正男……。
プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。

「神ってる」は去年の流行語大賞ですが、今月のスポーツ新聞で「神がかってる」と思えたのが次の記事。『デビュー35年 「花の82… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/02/28

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。
プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

稀勢の里の初優勝に沸いた大相撲初場所。一方で、横綱昇進決定の過程は「横綱審議委員会ってなんなの?」とも思わせた一件でもあ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/02/01

「神ってる」は本当に流行ってる?プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

「神ってる」は本当に流行ってる?
プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

スポーツ新聞の魅力とは何か?それは「大仰さ」であると思う。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/12/28

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。
サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

今年は「まさか」の年。SMAPだ、清原だ、「こち亀」連載終了だ、といろいろあったけど、「まさか」のクライマックスが今月ついに… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/30

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。
プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

盛り上がった日本シリーズ。スポーツ新聞で「活字野球」を味わうのも魅力のひとつだ。それでいくと第5戦。日ハム・西川遥輝のサ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/01

大谷翔平をどう語れば良いのか!?プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

大谷翔平をどう語れば良いのか!?
プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

大谷翔平のことを語れば語るほど言葉の無力を感じてしまう。「天才」「ヒーロー」「奇跡」「伝説」――。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/30

盆と正月がいっぺんにやってきた?プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

盆と正月がいっぺんにやってきた?
プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

「盆と正月がいっぺんにやってきた」という言葉がある。8月のスポーツ新聞はまさにそうだった。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/01

プチ鹿島、7月のスポーツ新聞時評。都知事選をスポーツ紙で読み解く。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、7月のスポーツ新聞時評。
都知事選をスポーツ紙で読み解く。

7月31日におこなわれた東京都知事選。舛添都知事の辞任後に「知名度優先の人気投票のような都知事選はもういい」という意見があ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/08/01

プチ鹿島、6月のスポーツ新聞時評。「神ってる」「アモーレ」流行語続々!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、6月のスポーツ新聞時評。
「神ってる」「アモーレ」流行語続々!

プロ野球の交流戦が終了し、リーグ戦再開(6月24日)までに数日間の空白があった。こういうとき、1面に何を書くかで各スポーツ新… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/07/01

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。
プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

なんと言っても今月はプロ野球のコリジョンルール(衝突回避ルール)だろう。簡単にいうと「本塁での危険なクロスプレー禁止」の… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/31

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。
阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。

そもそもスポーツ新聞とは何だろう。「白なのに黒だとは書かない。負けたのに勝ったとは書かないし、打ってもないのに打ったとは… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/02

プチ鹿島、3月のスポーツ新聞時評。「野球だけ」の明るい記事が読みたい!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、3月のスポーツ新聞時評。
「野球だけ」の明るい記事が読みたい!

今月は「なでしこジャパン」をめぐる報道から。アジア最終予選でふるわず、リオ五輪出場を逃した。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/03/30

プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。プロ野球キャンプを堪能する方法。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。
プロ野球キャンプを堪能する方法。

2月はプロ野球キャンプイン。私がとくに注目していた日が「2月3日」である。節分の日だ。各球団がスポーツ新聞の記事づくりに協… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/03/01

プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。主役は琴奨菊……じゃなくてSMAP!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。
主役は琴奨菊……じゃなくてSMAP!?

1月20日、「中井 SMAP曲存続」(スポーツニッポン)という見出しがあった。記事は「巨人の中井大介」について書かれたものだ。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/02/01

ページトップ