野球のぼせもんBACK NUMBER

勢いで、一本槍で、粋で、練習家で。
川崎宗則がついに福岡へ帰ってきた!

posted2017/04/04 07:00

 
勢いで、一本槍で、粋で、練習家で。川崎宗則がついに福岡へ帰ってきた!<Number Web> photograph by Kyodo News

ヤフオクドームでファンにサインをするムネリン。彼が再び日本球界で見られるだけで幸せだ。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ホークスの選手たちが試合前に食べる勝負メシ。

 ヤフオクドーム一塁側ダグアウトのすぐ裏手にある「選手サロン」で、彼らは胃袋を満たしてからグラウンドへ出ていく。メニュー表に並ぶのは消化の良い麺類だ。うどんやそば。ラーメンはとんこつや醤油など各種が用意されている。そして中華麺のジャンルに、それは当たり前のようにずっと記してあった。

「宗スペシャル」

 その名から連想するとおり川崎宗則が考案した特製メニューだ。

 まずラーメンの生麺を茹で、しっかり湯切りをして丼に盛る。スープは入れない。温かいうちに肉味噌をスプーン2、3杯ほどたっぷりと投入だ。さらに多めの白ネギとキムチ適量を上にのせて、お好みで黒ゴマを振りかければ完成だ。

 川崎はこれを豪快にかき混ぜて食べていた。

「試合前はいつもコレ。辛いのは基本的に好きなんでね。パワーの源ですよ」

 そう言って笑いながら、上記のレシピを教えてくれたのを覚えている。

 誕生したのは'10年シーズンだった。これが周りの選手からも好評となり、いつの間にか裏メニューから昇格を果たしたのだった。

 '11年オフに川崎が「イチローさんと一緒にプレーをするのが子供の頃からの夢だったから」と言いきって太平洋を越えたが、「宗スペシャル」は選手サロンに残留した。

 川崎と入れ替わってショートのレギュラーに定着した今宮健太は「最近も食べましたよ」。本人不在にもかかわらず鷹ナインの“勝負メシ”となっていたのだった。

その男は突如としてホークスに帰ってきた。

 主(あるじ)が去って6年目の春、その男は突如としてホークスに帰ってきた。

 3月28日(日本時間29日)にマイナー契約でメジャーキャンプに参加していたシカゴ・カブスから解雇を通告された。

「朝起きたらクビだというメールがあって、こりゃ困ったと思った時に、一番に声をかけてくれたのがホークスだった。すごく嬉しかった」

【次ページ】 4月1日の会見での、粋な一言。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
川崎宗則
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ