読売ジャイアンツ 関連コラム

読売ジャイアンツ 

高橋・巨人、後半戦の鍵握る2番打者。山本泰寛と重信慎之介が競うが……。

プロ野球亭日乗

高橋・巨人、後半戦の鍵握る2番打者。
山本泰寛と重信慎之介が競うが……。

魔の13連敗に堤辰佳GMから鹿取義隆新GMへの交代劇など、激動となった巨人の前半戦。ただ、球宴直前の広島、阪神、ヤクルトとの9… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/07/14

専門学校卒の星・一岡竜司。広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

炎の一筆入魂

専門学校卒の星・一岡竜司。
広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

今年も7月14日(ナゴヤドーム)、15日(ZOZOマリン)で年に1度の夢の球宴、プロ野球オールスターゲームが行われる。監督推薦によ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/07/13

ジャイアンツを追って東北へ……。村田兆治伝説と福島牛の2泊3日旅。

ぶら野球

ジャイアンツを追って東北へ……。
村田兆治伝説と福島牛の2泊3日旅。

巨人ファンは負け慣れていない。だって、巨人はセ・リーグでクライマックスシリーズがスタートした2007年から10年連続で出場中だ… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2017/07/13

ONと松井秀喜と、本塁打の飛距離。昭和と平成では球場のサイズが……。

酒の肴に野球の記録

ONと松井秀喜と、本塁打の飛距離。
昭和と平成では球場のサイズが……。

昔話ばかりで恐縮だが、高校生のころ、土日に大阪球場へよく言った。週末でも満員になることは少なくて、すり鉢状の観客席でゆっ… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/07/10

報知から読み解く巨人軍の不思議。プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

報知から読み解く巨人軍の不思議。
プチ鹿島6月のスポーツ新聞時評。

前回、「チームが好調な場合と不調な場合、“推し”スポーツ紙からどれだけ喜怒哀楽が伝わってくるか」というウオッチをしてみま… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/06/30

巨人を悩ます「8番小林誠司」問題。若手を抜擢できないのも実は……。

プロ野球亭日乗

巨人を悩ます「8番小林誠司」問題。
若手を抜擢できないのも実は……。

「若い選手を育てるために補強は必要だ」――巨人の原辰徳前監督の言葉である。巨人は補強するから若手が育たない、と言われる。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/30

巨人で埋もれた才能を掘り起こせ!鹿取新GMに託された育成の再建。

プロ野球亭日乗

巨人で埋もれた才能を掘り起こせ!
鹿取新GMに託された育成の再建。

泥沼の13連敗で球団ワースト記録を塗り替えた巨人が、その責任を取らせる形で堤辰佳GMの事実上の“解任”を決めたのは6月13日の… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/16

野球の応援は“究極の片想い”か。仙台の地で巨人と牛たんで泣く。

ぶら野球

野球の応援は“究極の片想い”か。
仙台の地で巨人と牛たんで泣く。

交流戦で空気も変わる。巨人の連敗も今日で止まるだろう。5月30日午後、脳天気にそう思いながら東京駅へと向かった。 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2017/06/15

張本勲は、打者として本当に偉大だ。あっぱれ!な記録5つをほめ殺す。

酒の肴に野球の記録

張本勲は、打者として本当に偉大だ。
あっぱれ!な記録5つをほめ殺す。

「喝!」のおじさん、張本勲は、野球の裏も表も知るすごい選手だった。くやしいがあっぱれだ! 読者各位の中には、日曜の朝、四… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/06/14

18連敗ロッテ監督の言葉をきけ!巨人軍、戦犯さがしはまだ早い。

プロ野球亭日乗

18連敗ロッテ監督の言葉をきけ!
巨人軍、戦犯さがしはまだ早い。

「考えられることは全てやったよ」1998年、日本記録の18連敗を喫した千葉ロッテマリーンズの監督だった近藤昭仁さんは、当時を振… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/09

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

プロ野球亭日乗

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。
采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

巨人が7日の西武戦に敗れ、球団史上ワーストの12連敗を記録した。「(12連敗は)現実なのでそれを現実として受け止めないといけ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/08

平凡な選手が指導者になった時……。西武・星孝典が目指す“コーチの星”。

プロ野球PRESS

平凡な選手が指導者になった時……。
西武・星孝典が目指す“コーチの星”。

2016年11月23日、西武ライオンズのファン感謝デーでの背番号25が、星孝典の現役最後のユニホーム姿となった。イベントの最後、来… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2017/05/16

三冠王、監督、GM時代の落合博満。知られざる「オレ流の素顔」を読む。

ぶら野球

三冠王、監督、GM時代の落合博満。
知られざる「オレ流の素顔」を読む。

あなたは落合博満をどれだけ知っているだろうか? 先日、ぶらりと書店に行ったら、多くの落合本が並んでいた。栄光の三冠王時代… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2017/05/14

巨人・篠原慎平を救った“二の矢”。彼が野球の道に戻ってきた価値。

マスクの窓から野球を見れば

巨人・篠原慎平を救った“二の矢”。
彼が野球の道に戻ってきた価値。

今年のプロ野球は、試合後半の中継ぎに若手・新鋭の活躍がめざましい。楽天の高梨雄平、森原康平の左右のルーキーコンビに、日本… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/05/10

松坂世代で名球会入り一番乗り?村田修一は2000本を打てるか。

Number Ex

松坂世代で名球会入り一番乗り?
村田修一は2000本を打てるか。

ベイスターズのルーキーだった2003年、村田修一は背番号と同じ数の25本塁打とド派手なデビューを果たす。ヒーローインタビューで… 続きを読む

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

2017/05/02

阪神なら報知、巨人ならデイリー!?プチ鹿島4月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

阪神なら報知、巨人ならデイリー!?
プチ鹿島4月のスポーツ新聞時評。

最近「新聞の読み比べの楽しさを語ってください」といろんなところで言われます。新聞を擬人化すれば“おじさん”だと思うのです… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/05/01

球場の大クスノキ、借景の桜島!?熊本と鹿児島を堪能した野球ぶらり旅。

ぶら野球

球場の大クスノキ、借景の桜島!?
熊本と鹿児島を堪能した野球ぶらり旅。

好きな野球チームを追って、日本各地をぶら野球。目指すは「大人のひとり修学旅行」である。そんなコンセプトで始まった本連載。… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2017/04/29

宿敵・杉内俊哉の再生を願って。木佐貫洋、巨人スカウト転身の今。

Number Ex

宿敵・杉内俊哉の再生を願って。
木佐貫洋、巨人スカウト転身の今。

「大学1年生に戻ったような1年間でしたね。右も左もわからないので、ただ必死に仕事を覚える。私は器用じゃないので、今でもひた… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/04/28

小林誠司が迫る史上最低打率の偉業。規定打席達成で1割台なら35年ぶり。

酒の肴に野球の記録

小林誠司が迫る史上最低打率の偉業。
規定打席達成で1割台なら35年ぶり。

「WBCであんなに活躍したのに、巨人に戻ったら元の木阿弥だ」巨人ファンの嘆きはよくわかる。 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/04/26

山田哲人に履正社監督からメール……。プチ鹿島3月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

山田哲人に履正社監督からメール……。
プチ鹿島3月のスポーツ新聞時評。

プロ野球開幕。いつもの風景が戻ってにぎやか。しかし今年は3月もド派手だった。そう「WBC」である。国際試合の魅力のひとつに、… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/04/03

ページトップ