#1085

記事を
ブックマークする

《平地と障害の”二刀流”》55歳・熊沢重文は“GⅠ初騎乗初制覇”の偉業も「馬に乗るのはこれが最後だと思うと、ジンときた」

2023/12/01

 平地と障害の二刀流を貫き通した55歳の熊沢重文騎手が、38年間の現役生活についに別れを告げた。

 引退式は京都ジャンプS当日の、11月11日の京都競馬場。4勝をあげている思い入れの深い重賞のタイミングで誘導馬騎乗を披露し、表彰式での花束プレゼンターも務めた。

「誘導馬は優秀でおとなしい馬を用意してもらいました。馬に乗るのはこれが最後だと思うと、ジンとくるものがありましたね」

 昨年2月、小倉でのレースで第二頸椎という厄介な場所を骨折。日常生活においても転倒すれば重大な結果を招く可能性がある、という医師の宣告に従って「これ以上、家内に心配をかけるわけにはいかない」と苦渋の決断を下した。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by TOKYO SPORTS PRESS
前記事 次記事