#1085
巻頭特集

広瀬章人、幻となったフルセット。「藤井さんがAIと同じ手を指す確率は極めて高い」《竜王戦で感じた藤井聡太の「穏やかな手」とは?》

2023/11/27
昨年度の竜王戦で藤井聡太から2勝を挙げた広瀬
タイトル防衛率100%を誇る藤井竜王から七番勝負で初めて2つの白星を挙げ、意地は見せた。いざ相まみえて新たな発見や収穫があった一方で、改めて感じた王者との“距離”を冷静に振り返る。

 果たして、絶対王者を仕留める者はいるか。ちょうど1年前、棋界最大のテーマに挑んだ広瀬章人八段は、天空の玉座に迫った刺客として記憶されている。

 第35期竜王戦七番勝負。当時、2日制のタイトル戦で通算20勝2敗の圧倒的な戦績を誇っていた藤井聡太竜王が一度ならず、二度も広瀬の前で頭を垂れた。竜王にとっては初めてのことである。

「今シリーズでは広瀬八段に工夫をされる将棋が多く、なかなか良い指し方をできないことが多かった」

 藤井は苦戦の理由をそう明かしている。事実、挑戦者は事前研究を尽くし、いくつも策を用意していた。第1局の2六歩型や第2局の“サザンハヤクリ”ならぬ3三金型+腰掛け銀など、例の少ない形へともっていき、多くの時間を竜王に使わせた。

「藤井さんだから、こうして来るはず」という読みがあった。

 広瀬はこのように回想する。

「狙いは駒組みに工夫を施して、少しずつリードを奪って差を広げること。その裏には『藤井さんだから、こうして来るはず』という読みがありました。現代将棋にどっぷり浸かった棋士なので、想定した将棋になりやすい。事実、AIを使って研究してみても、藤井さんがAIと同じ手を指す確率というのは極めて高い。だからこそ、作戦的にうまくいった部分もありました」

 とりわけ、際立ったのが先手番での指し回し。このうち、第1局と第5局を見事に制している。先勝した第1局に至っては、広瀬自身も驚く快勝だった。

「久々のタイトル戦だったうえに、相手は最強の王者。緊張もありましたし、どうなるだろうと。ところが、フタを開けてみたら、割と快勝に近くて……。あれ? これはいったい何だと(笑)」

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Kiichi Matsumoto
前記事 次記事