榎木和貴 

2年連続“当日変更”で箱根駅伝を走れず…創価大主将・鈴木渓太が「全てやって、届かなかった」とき思ったこと

箱根駅伝PRESS

2年連続“当日変更”で箱根駅伝を走れず…創価大主将・鈴木渓太が「全てやって、届かなかった」とき思ったこと

今年の箱根駅伝で台風の目となったのが創価大だ。残り2.1kmで駒大に逆転を喫するという劇的な幕切れとなったが、大手町で主将の… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

駅伝

2021/03/06

《箱根駅伝》四強・明大は、なぜ“シードすら”取れなかったのか?「大学駅伝の戦国化が進む」2つの要因

箱根駅伝PRESS

《箱根駅伝》四強・明大は、なぜ“シードすら”取れなかったのか?「大学駅伝の戦国化が進む」2つの要因

復路も時差スタートができたのが17校と昨年の12校を大きく上回って混戦駅伝を演出し、戦力格差が縮小傾向にあるのが見てとれた。… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2021/01/08

駒澤大学、13年ぶりの総合優勝。「不思議な勝ち」を呼んだ、大八木監督の執念と4年生の献身。

第97回箱根駅伝(2021)

駒澤大学、13年ぶりの総合優勝。「不思議な勝ち」を呼んだ、大八木監督の執念と4年生の献身。

「不思議な勝ち方をさせていただいて……」試合後の囲み取材で、駒澤大学の大八木弘明監督はしみじみとこう呟いた。 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

PR

2021/01/07

《下克上の箱根駅伝》四強でも古豪でもない…なぜ出場4回目・創価大が“ダークホース”になり得たのか?

箱根駅伝PRESS

《下克上の箱根駅伝》四強でも古豪でもない…なぜ出場4回目・創価大が“ダークホース”になり得たのか?

近年稀に見る“大波乱”となった箱根駅伝。優勝候補の四強(青山学院大学・駒澤大学・東海大学・明治大学)をはじめ、スーパール… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

駅伝

2021/01/03

創価大学は嶋津の区間配置がポイント。東洋大学は西山の“相棒”がカギを握る。

第97回箱根駅伝出場校紹介

創価大学は嶋津の区間配置がポイント。東洋大学は西山の“相棒”がカギを握る。

2019年4月に就任した榎木和貴監督が気になったのは、故障者の多さだった。原因のひとつに、故障明けにポイント練習に参加して再… 続きを読む

箱根駅伝2021取材チームhakone ekiden 2021

PR

2020/12/18

[平成8年第72回大会優勝] 中央大学「怪物“渡辺康幸”に10人の総合力で挑む」

箱根駅伝2016

[平成8年第72回大会優勝] 中央大学「怪物“渡辺康幸”に10人の総合力で挑む」

8区・平塚中継所。早稲田大学より5秒早く襷を受けた首位、中央大学の川波貴臣が長髪をなびかせて猛然と駆け出した。 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

駅伝

2015/12/17

ページトップ