行成薫 関連コラム

著者プロフィール 

行成薫Kaoru Yukinari

1979年、宮城県生まれ。東北学院大学教養学部卒業。2012年『名も無き世界のエンドロール』で第25回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『バイバイ・バディ』『ヒーローの選択』『僕らだって扉くらい開けられる』『廃園日和』、プロレスラーの「どん底からの挑戦」を描いた青春小説『ストロング・スタイル』(文藝春秋)などがある。最新作は『怪盗インビジブル』。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
蘇る「ベビーフェイスとヒール」構造。G1優勝の飯伏幸太とジェイの新時代。

格闘技PRESS

蘇る「ベビーフェイスとヒール」構造。
G1優勝の飯伏幸太とジェイの新時代。

――事実は小説より奇なり。フィクションというのは一見自由なようで、現実を超えると陳腐に見えてしまうものだ。160キロの直球… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

プロレス

2019/08/20

『鴨川ホルモー』“ホルモー”はスポーツといえるのか?新たな視点でベストセラーを再読。

本継!SPORTS BOOKリレー

『鴨川ホルモー』
“ホルモー”はスポーツといえるのか?
新たな視点でベストセラーを再読。

「古くからあるスポーツ」と「新しいスポーツ」と聞いて何を想像するだろうか。筆者は相撲とeスポーツを連想したのだが、いずれ… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

その他スポーツ

有料

2019/04/10

『炎上チャンピオン』“暗黒期”を彷彿とさせる、プロレスのディストピア小説。

本継!SPORTS BOOKリレー

『炎上チャンピオン』
“暗黒期”を彷彿とさせる、プロレスのディストピア小説。

プロレスはスポーツか、という論争を耳にすることがある。プロレスはショーであり、純然たるスポーツではない、というものだ。果… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

プロレス

有料

2019/03/27

『天翔る』身体能力以上に“思いやり”が必要。エンデュランス馬術の稀有な魅力。

本継!SPORTS BOOKリレー

『天翔る』
身体能力以上に“思いやり”が必要。
エンデュランス馬術の稀有な魅力。

馬に乗るスポーツ、と聞くと、競馬か馬場馬術を連想する方がほとんどだろう。ところが、本書『天翔(あまかけ)る』に登場するの… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

馬術

有料

2019/03/09

『あるキング』野球小説なのに魔女や怪物が登場。いつもと一味違う“伊坂ワールド”。

本継!SPORTS BOOKリレー

『あるキング』
野球小説なのに魔女や怪物が登場。
いつもと一味違う“伊坂ワールド”。

野球小説と聞いて、どんな話を思い描くだろうか。「弱小野球部に入部した天才エースが運動音痴や元不良ら仲間たちと共に成長して… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

プロ野球

有料

2019/02/27

人生に効く「棚橋弘至のプロレス」。1.4東京ドームで私達は何を目撃する?

格闘技PRESS

人生に効く「棚橋弘至のプロレス」。
1.4東京ドームで私達は何を目撃する?

年を越し、日本列島は正月ムードだが、プロレスファンたちの視線はある舞台に向いているかもしれない。毎年、年明け1月4日は特別… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

プロレス

2019/01/03

おかえりなさい、棚橋弘至――。“G1史上最長の死闘”を徹底検証!

格闘技PRESS

おかえりなさい、棚橋弘至――。
“G1史上最長の死闘”を徹底検証!

8.12日本武道館。G1 CLIMAX28・決勝戦、棚橋弘至vs.飯伏幸太。G1の最中、8月9日にプロレスを題材とする『ストロング・スタイル』… 続きを読む

行成薫Kaoru Yukinari

プロレス

2018/08/16

ページトップ