著者プロフィール 

安倍昌彦Masahiko Abe

1955年、宮城県生まれ。早稲田大学高等学院野球部から、早稲田大学でも野球部に所属。雑誌『野球小僧』で「流しのブルペンキャッチャー」としてドラフト候補投手のボールを受ける活動を始める。著書に『スカウト』『流しのブルペンキャッチャーの旅』『若者が育つということ 監督と大学野球』など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
福浦和也の2000本目で回想した、習志野高校時代の綺麗なスイング。

マスクの窓から野球を見れば

福浦和也の2000本目で回想した、
習志野高校時代の綺麗なスイング。

千葉ロッテマリーンズ・福浦和也選手が、プロ25年目にして「2000本安打」の大記録をきめて、見事名球会入りを果たした。辛抱する… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/09/26

甲子園からU18への移行の難しさ。不出場組を呼ぶ手もあったのでは?

マスクの窓から野球を見れば

甲子園からU18への移行の難しさ。
不出場組を呼ぶ手もあったのでは?

U18球児たちの長い長い夏が終わった。心から「お疲れさまでした」と、その健闘を称えたい。7月の地方予選から甲子園大会、そして… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/09/12

吉田輝星が浴びた韓国流ホームラン。日本で流行らない「引き腕打法」。

マスクの窓から野球を見れば

吉田輝星が浴びた韓国流ホームラン。
日本で流行らない「引き腕打法」。

韓国チームの4番キム・デハン中堅手が、ジャパン先発の吉田輝星投手(金足農業)のスライダーを捉えた瞬間、私はすごくなつかし… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/09/08

新聞で見つけたある高校球児の談話。甲子園のヒーローとは別の「凄さ」。

マスクの窓から野球を見れば

新聞で見つけたある高校球児の談話。
甲子園のヒーローとは別の「凄さ」。

「夏の甲子園」が終わってしばらくの今ごろは、私にとっては「整理」の時期にあたる。各県予選の資料を整理して、頭の中に雑然と… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/28

藤原恭大と根尾昂のライバル性。「自分が打つと、藤原は燃える」

マスクの窓から野球を見れば

藤原恭大と根尾昂のライバル性。
「自分が打つと、藤原は燃える」

夏の高校野球が終わってしまった8月の終わりは、「喪失感の夏」である。それにしても、今年の甲子園ほど立ち去りがたい思いにさ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/26

甲子園のベスト9を3通り考える。プロ目線、大学目線、下級生限定。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園のベスト9を3通り考える。
プロ目線、大学目線、下級生限定。

かつてないほどの盛り上がりを感じさせてくれて、見た人の心に「記念大会」らしい記憶をいくつも刻みつけてくれた「第100回全国… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/24

「本気の夏」は何に対する本気か。高校球児時代の自分と甲子園の距離。

マスクの窓から野球を見れば

「本気の夏」は何に対する本気か。
高校球児時代の自分と甲子園の距離。

「本気の夏、100回目。」第100回全国高校野球選手権記念大会のキャッチフレーズである。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/23

根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。上村和裕スカウトの根尾評が深い。

マスクの窓から野球を見れば

根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。
上村和裕スカウトの根尾評が深い。

夏の甲子園100回大会・第9日、大阪桐蔭高・根尾昂が沖学園戦の7回に高校通算28本目の本塁打を放ってみせた。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/17

甲子園に着いた学校が悩むこと。昔は選手のケンカ、今は体重増加?

マスクの窓から野球を見れば

甲子園に着いた学校が悩むこと。
昔は選手のケンカ、今は体重増加?

甲子園大会では、試合開始予定時刻の2時間前に「試合前取材」という囲み取材の時間がある。一塁側、三塁側、それぞれアルプスス… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/17

甲子園で1番「暑い」のは誰か。選手、審判、カメラマン、応援団。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園で1番「暑い」のは誰か。
選手、審判、カメラマン、応援団。

全国高校野球選手権大会第100回記念大会が、いよいよ幕を開けた。今年の7月以来の暑さは異常気象らしいが、そんなことはものとも… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/09

育成で獲ってドラフト上位に戻す。SBで“早稲田の大竹耕太郎”再び!

マスクの窓から野球を見れば

育成で獲ってドラフト上位に戻す。
SBで“早稲田の大竹耕太郎”再び!

投手陣に苦慮するソフトバンクの“救世主”になれるのか!月が変わって、ツキも変えられるのか? 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/07

横浜高校の万波中正がすごいぞ。打てない球を追わなくなった大砲。

マスクの窓から野球を見れば

横浜高校の万波中正がすごいぞ。
打てない球を追わなくなった大砲。

この夏の予選旅は、「南神奈川」の決勝が締めくくりとなった。今年の100回大会は、神奈川をはじめ、埼玉、千葉、愛知、大阪、兵… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/08/03

高校野球の私立弱体化と、ある見解。「殴られて育った兵士的な強さが」

マスクの窓から野球を見れば

高校野球の私立弱体化と、ある見解。
「殴られて育った兵士的な強さが」

長野県予選の準々決勝で、「本命」と目されてきた松商学園が敗れる波乱が起こった。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/07/30

大船渡・佐々木朗希は本当にダルだ。足も肩も振りも、全てがそっくり。

マスクの窓から野球を見れば

大船渡・佐々木朗希は本当にダルだ。
足も肩も振りも、全てがそっくり。

今年も「甲子園予選」を追いかける旅が始まった。私の場合、3年生は春の大会でほぼ完了。夏は興味の対象の半分が1、2年生、すで… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/07/13

平野佳寿は大学時代から匠だった。メジャー強打者も封じる低めの技。

マスクの窓から野球を見れば

平野佳寿は大学時代から匠だった。
メジャー強打者も封じる低めの技。

野球雑誌『野球小僧』(現『野球太郎』)の「流しのブルペンキャッチャー」を始めて3年目ぐらい経った頃だ。「京都産業大の平野… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/07/11

ドラフトに「飛び級」があったら。大学の下級生から候補を選ぶと……。

マスクの窓から野球を見れば

ドラフトに「飛び級」があったら。
大学の下級生から候補を選ぶと……。

これは、あくまでも私の“妄想”である。6月中旬、神宮球場と東京ドームを会場にして、恒例の「全日本大学野球選手権大会」が行… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/07/09

岡本和真は高3からモノが違った。2本塁打の合間に、優しいミート。

マスクの窓から野球を見れば

岡本和真は高3からモノが違った。
2本塁打の合間に、優しいミート。

確か、おととしの暮れだったと思う。こんなことがあった。あるスポーツ新聞社の主催で、巨人ファンが集まり、その秋、終わったば… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/07/03

西武・山川穂高のホームランと愛嬌。「僕の場合、それだけでスタンド」

マスクの窓から野球を見れば

西武・山川穂高のホームランと愛嬌。
「僕の場合、それだけでスタンド」

プロ4年目の昨シーズン、一軍の78試合で23本塁打を放ってみせた西武・山川穂高内野手。今季はシーズン当初から4番に定着し、すで… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/06/28

大学選手権で心が震えた剛腕2人。則本級の快速球を持つ投手が!

マスクの窓から野球を見れば

大学選手権で心が震えた剛腕2人。
則本級の快速球を持つ投手が!

辰己涼介(立命館大)ときて、米満凪(奈良学園大)が続いたから、今年の「大学選手権」(正式名称・全日本大学野球選手権大会)… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/06/26

スカウト100人集結の「持ってる男」。ドラ1候補、辰己涼介の肩・足・力。

マスクの窓から野球を見れば

スカウト100人集結の「持ってる男」。
ドラ1候補、辰己涼介の肩・足・力。

11日に始まった「全日本大学野球選手権」は、東北福祉大の優勝で17日に幕を閉じた。毎年のことだが、この大会は実に興味深い。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/06/19

ページトップ