記事に戻る

“中学野球のカリスマ指導者”が仙台育英に電撃加入のワケ「何か起きたら連帯責任で罰すれば簡単。でも…」心酔した“令和のチーム運営”とは?

東北勢初の日本一に向けて、今年4月からは「中学野球のカリスマ」と呼ばれた名指導者がスタッフに仲間入りしていた / photograph by Takahiro Kikuchi 中学指導者時代の猿橋先生(2018年撮影) ©Takahiro Kikuchi 練習試合の合間に2年生の逸材・仁田陽翔(中央右)から質問を受ける須江監督 ©Takahiro Kikuchi 仙台育英ナイン ©Takahiro Kikuchi 仙台育英を率いる須江航監督。絶対王者・大阪桐蔭に勝つための秘策を語ってもらった ©Takahiro Kikuchi ©Nanae Suzuki 大阪桐蔭を率いる西谷浩一監督 ©Nanae Suzuki 遊撃手の好素材・山田脩也。投手としても最速144キロをマークする ©Takahiro Kikuchi 前列左から鈴木晶太(3年・最速143キロ)、古川翼(3年・最速145キロ)、斎藤蓉(3年・最速144キロ)、仁田陽翔(2年・最速145キロ)、田中優飛(2年・最速143キロ)、後列左から高橋煌稀(2年・最速142キロ)、小林寛太(3年・最速141キロ)、渋谷翔(3年・最速143キロ)、福田虎太郎(3年・最速141キロ)、山田脩也(2年・最速144キロ) ©Takahiro Kikuchi 成長著しい2年生左腕の仁田陽翔 ©Takahiro Kikuchi 2022年チームスローガン ©Takahiro Kikuchi 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英が、1年生清宮を擁する早稲田実業を下した ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英が、1年生清宮を擁する早稲田実業を下した ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英が、1年生清宮を擁する早稲田実業を下した ©BUNGEISHUNJU 2019年夏の甲子園で指揮をとる仙台育英・須江航監督 ©Hideki Sugiyama 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英のエース・佐藤世那 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。東海大相模のエース・小笠原慎之介 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英のエース・佐藤世那 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。早稲田実業の1年生清宮 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。早稲田実業の1年生清宮 ©BUNGEISHUNJU ダイエーで活躍した大越基の仙台育英時代 ©Makoto Kenmizaki 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英の平沢大河 ©BUNGEISHUNJU 2019年夏の甲子園で指揮をとる仙台育英・須江航監督 ©Hideki Sugiyama 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英の平沢大河 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。早稲田実業の1年生清宮 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。東海大相模vs仙台育英 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。東海大相模のエース・小笠原慎之介 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。敗れた仙台育英のエース・佐藤世那 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。敗れた仙台育英 ©BUNGEISHUNJU 前列左から鈴木晶太(3年・最速143キロ)、古川翼(3年・最速145キロ)、斎藤蓉(3年・最速144キロ)、仁田陽翔(2年・最速145キロ)、田中優飛(2年・最速143キロ)、後列左から高橋煌稀(2年・最速142キロ)、小林寛太(3年・最速141キロ)、渋谷翔(3年・最速143キロ)、福田虎太郎(3年・最速141キロ)、山田脩也(2年・最速144キロ) 2015年夏の甲子園決勝。敗れた仙台育英 ©BUNGEISHUNJU 仙台育英・猿橋善宏部長(左端) ©Takahiro Kikuchi 昨春のセンバツで登板した速球派ながら、サイド転向して活路を切り拓く3年生右腕の渋谷翔 ©Takahiro Kikuchi 昨秋の東北大会では主力投手の一人だった3年生左腕の小林寛太 ©Takahiro Kikuchi 安定感が光る仙台育英2年生左腕の田中優飛 ©Takahiro Kikuchi 仙台育英・猿橋善宏部長(中央)。左は杜秀介コーチ ©Takahiro Kikuchi 2019年夏の甲子園で指揮をとる仙台育英・須江航監督 ©Hideki Sugiyama 2020年甲子園高校野球交流試合 ©Naoya Sanuki

東北勢初の日本一に向けて、今年4月からは「中学野球のカリスマ」と呼ばれた名指導者がスタッフに仲間入りしていた(photograph by Takahiro Kikuchi)

東北勢初の日本一に向けて、今年4月からは「中学野球のカリスマ」と呼ばれた名指導者がスタッフに仲間入りしていた / photograph by Takahiro Kikuchi 中学指導者時代の猿橋先生(2018年撮影) ©Takahiro Kikuchi 練習試合の合間に2年生の逸材・仁田陽翔(中央右)から質問を受ける須江監督 ©Takahiro Kikuchi 仙台育英ナイン ©Takahiro Kikuchi 仙台育英を率いる須江航監督。絶対王者・大阪桐蔭に勝つための秘策を語ってもらった ©Takahiro Kikuchi ©Nanae Suzuki 大阪桐蔭を率いる西谷浩一監督 ©Nanae Suzuki 遊撃手の好素材・山田脩也。投手としても最速144キロをマークする ©Takahiro Kikuchi 前列左から鈴木晶太(3年・最速143キロ)、古川翼(3年・最速145キロ)、斎藤蓉(3年・最速144キロ)、仁田陽翔(2年・最速145キロ)、田中優飛(2年・最速143キロ)、後列左から高橋煌稀(2年・最速142キロ)、小林寛太(3年・最速141キロ)、渋谷翔(3年・最速143キロ)、福田虎太郎(3年・最速141キロ)、山田脩也(2年・最速144キロ) ©Takahiro Kikuchi 成長著しい2年生左腕の仁田陽翔 ©Takahiro Kikuchi 2022年チームスローガン ©Takahiro Kikuchi 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英が、1年生清宮を擁する早稲田実業を下した ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英が、1年生清宮を擁する早稲田実業を下した ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英が、1年生清宮を擁する早稲田実業を下した ©BUNGEISHUNJU 2019年夏の甲子園で指揮をとる仙台育英・須江航監督 ©Hideki Sugiyama 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英のエース・佐藤世那 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。東海大相模のエース・小笠原慎之介 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英のエース・佐藤世那 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。早稲田実業の1年生清宮 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。早稲田実業の1年生清宮 ©BUNGEISHUNJU ダイエーで活躍した大越基の仙台育英時代 ©Makoto Kenmizaki 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英の平沢大河 ©BUNGEISHUNJU 2019年夏の甲子園で指揮をとる仙台育英・須江航監督 ©Hideki Sugiyama 2015年夏の甲子園準決勝。仙台育英の平沢大河 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園準決勝。早稲田実業の1年生清宮 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。東海大相模vs仙台育英 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。東海大相模のエース・小笠原慎之介 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。敗れた仙台育英のエース・佐藤世那 ©BUNGEISHUNJU 2015年夏の甲子園決勝。敗れた仙台育英 ©BUNGEISHUNJU 前列左から鈴木晶太(3年・最速143キロ)、古川翼(3年・最速145キロ)、斎藤蓉(3年・最速144キロ)、仁田陽翔(2年・最速145キロ)、田中優飛(2年・最速143キロ)、後列左から高橋煌稀(2年・最速142キロ)、小林寛太(3年・最速141キロ)、渋谷翔(3年・最速143キロ)、福田虎太郎(3年・最速141キロ)、山田脩也(2年・最速144キロ) 2015年夏の甲子園決勝。敗れた仙台育英 ©BUNGEISHUNJU 仙台育英・猿橋善宏部長(左端) ©Takahiro Kikuchi 昨春のセンバツで登板した速球派ながら、サイド転向して活路を切り拓く3年生右腕の渋谷翔 ©Takahiro Kikuchi 昨秋の東北大会では主力投手の一人だった3年生左腕の小林寛太 ©Takahiro Kikuchi 安定感が光る仙台育英2年生左腕の田中優飛 ©Takahiro Kikuchi 仙台育英・猿橋善宏部長(中央)。左は杜秀介コーチ ©Takahiro Kikuchi 2019年夏の甲子園で指揮をとる仙台育英・須江航監督 ©Hideki Sugiyama 2020年甲子園高校野球交流試合 ©Naoya Sanuki

ページトップ