記事に戻る

「普通のヘルメットは1万円ぐらいですが…」高校野球で“フェイスガード”は本当に流行るのか? 大阪桐蔭が誰も使っていなかった事情とは…

今春のセンバツでちらほら見かけるようになった「フェイスガード付きヘルメット」。写真はホームランを放つ浦和学院の高山維月 / photograph by KYODO 野球専門店・ベースマン立川店のカリスマ店長、星徹弥さん。「野球用具ソムリエ」の異名を持つ プロ野球では日常的な光景になった「フェイスガード付きヘルメット」 「フェイスガード付きヘルメット」で打席に立つ広陵高の真鍋慧 ©KYODO 表は今春のセンバツのホームラン全18本のバット一覧 圧倒的な強さで優勝した大阪桐蔭。同校のヘルメットはエスエスケイのため、今大会は「フェイスガード付きのヘルメット」を使っていなかった ©Nanae Suzuki センバツ代替出場校として初めて決勝に進んだ近江。急遽出場が決まったため、ユニフォームやバッグ類はほぼ丸2日で作ったことになる ©Hideki Sugiyama 花巻東・佐々木洋監督(左)と話す佐々木麟太郎。同校が甲子園で着ていたグランドコートは、無地に見えるが左肩のところに同色で「HANAMAKI HIGASHI」と入っていた ©Sankei Shimbun 野球専門店・ベースマン立川店のカリスマ店長、星徹弥さん。「野球用具ソムリエ」の異名を持つ ミズノのキャッチャーミット。親指がきちんと収まる形状、柔らかさ、厚み、軽さ……バランスが整っていて人気だという 「普通のヘルメットは1万円ぐらいですが…」高校野球で“フェイスガード”は本当に流行るのか? 大阪桐蔭が誰も使っていなかった事情とは…(11) 広陵の中井哲之監督。袖が白、ボディが黒、シンプルなスタジャンが話題に。星さんによると「ミズノの完全別注モデルのようです」 ©Sankei Shimbun ゼット・ビームスのジャージ(ZETTのホームページより) 高校野球のピッチャーグラブは依然として、単色でなければ使用不可の理由に星さんも「なぜなのか理由はわからない」と頭をかしげた

今春のセンバツでちらほら見かけるようになった「フェイスガード付きヘルメット」。写真はホームランを放つ浦和学院の高山維月(photograph by KYODO)

今春のセンバツでちらほら見かけるようになった「フェイスガード付きヘルメット」。写真はホームランを放つ浦和学院の高山維月 / photograph by KYODO 野球専門店・ベースマン立川店のカリスマ店長、星徹弥さん。「野球用具ソムリエ」の異名を持つ プロ野球では日常的な光景になった「フェイスガード付きヘルメット」 「フェイスガード付きヘルメット」で打席に立つ広陵高の真鍋慧 ©KYODO 表は今春のセンバツのホームラン全18本のバット一覧 圧倒的な強さで優勝した大阪桐蔭。同校のヘルメットはエスエスケイのため、今大会は「フェイスガード付きのヘルメット」を使っていなかった ©Nanae Suzuki センバツ代替出場校として初めて決勝に進んだ近江。急遽出場が決まったため、ユニフォームやバッグ類はほぼ丸2日で作ったことになる ©Hideki Sugiyama 花巻東・佐々木洋監督(左)と話す佐々木麟太郎。同校が甲子園で着ていたグランドコートは、無地に見えるが左肩のところに同色で「HANAMAKI HIGASHI」と入っていた ©Sankei Shimbun 野球専門店・ベースマン立川店のカリスマ店長、星徹弥さん。「野球用具ソムリエ」の異名を持つ ミズノのキャッチャーミット。親指がきちんと収まる形状、柔らかさ、厚み、軽さ……バランスが整っていて人気だという 「普通のヘルメットは1万円ぐらいですが…」高校野球で“フェイスガード”は本当に流行るのか? 大阪桐蔭が誰も使っていなかった事情とは…(11) 広陵の中井哲之監督。袖が白、ボディが黒、シンプルなスタジャンが話題に。星さんによると「ミズノの完全別注モデルのようです」 ©Sankei Shimbun ゼット・ビームスのジャージ(ZETTのホームページより) 高校野球のピッチャーグラブは依然として、単色でなければ使用不可の理由に星さんも「なぜなのか理由はわからない」と頭をかしげた

ページトップ