記事に戻る

「クラブから高校へ来て、最初は戸惑いました。でも…」ユース昇格を逃した中村俊輔が桐光学園で学んだものとは《選手権準優勝》

1997年1月8日に行われた全国高校サッカー選手権大会決勝、旧国立競技場で市立船橋と対戦した桐光学園の中村俊輔。独特なキックのフォームは、このころにはすでに完成されていた / photograph by AFLO 桐光学園高校時代の中村俊輔 ©Sports Graphic Number ユース昇格を逃した当時は小柄で線が細かったという中村だが、高校サッカーを通じて逞しく成長を遂げた ©AFLO 中村は高卒初年度からマリノスで活躍し、Jリーグ優秀新人賞に輝いた ©Sports Graphic Number 市立船橋との決勝戦では惜しくも敗れたが、10番としてチームを牽引した ©AFLO UEFAチャンピオンズリーグでバルセロナのシャビと競り合うセルティック時代の中村 ©Sports Graphic Number 中村は97年に横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団。すぐに主力選手となった ©Sports Graphic Number 2000年のシドニー五輪では10番を背負った ©Sports Graphic Number 鹿島アントラーズの小笠原満男との対戦。中村の1学年下にあたる小笠原は大船渡高校で選手権に出場している ©Sports Graphic Number 2000年にフル代表デビューを飾った中村だが、2002年の日韓W杯のメンバーからは落選した ©Sports Graphic Number 2000年のハッサン2世杯。フランス代表のジネディーヌ・ジダンを追いかける中村 ©Sports Graphic Number 2002年、イタリア・セリエAのレッジーナに移籍。現地の子供たちに囲まれる中村 ©Sports Graphic Number レッジーナ時代の中村 ©Sports Graphic Number レッジーナでもプレースキッカーを任され、左足の精度に磨きをかけた ©Sports Graphic Number 壁に向かってボールを蹴る中村 ©Sports Graphic Number 2005年7月には、スコティッシュ・プレミアリーグの強豪セルティックに移籍 ©Sports Graphic Number グラスゴーの街角で撮影 ©Sports Graphic Number セルティックでは持ち前のテクニックを活かして大活躍 ©Sports Graphic Number 2006-07シーズンにはスコットランドPFA年間最優秀選手賞に輝いた ©Sports Graphic Number UEFAチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦し、ロナウジーニョとマッチアップ ©Sports Graphic Number セルティックではセットプレーをほぼすべて任されていた ©Sports Graphic Number セルティックのチームメイトと喜び合う中村 ©Sports Graphic Number セルティックのゴードン・ストラカン監督(当時)と。同監督は中村を「天才だ」と繰り返し称えた ©Sports Graphic Number 中村は遠藤保仁と共に長く日本代表の中盤を形成した ©Sports Graphic Number 左足でシュートを放つ中村 ©Sports Graphic Number セットプレーについて遠藤と相談する中村 ©Sports Graphic Number 2010年の南アフリカW杯を前に本田圭佑が台頭 ©Sports Graphic Number 中村は南アフリカW杯の直前にポジションを失った ©Sports Graphic Number 2010年に古巣のマリノスに復帰した中村は、2013年のJリーグアウォーズで2度目のMVPを受賞 ©Sports Graphic Number ガンバ大阪(当時)の遠藤保仁ともたびたび対戦した ©Sports Graphic Number 中村は2017年にジュビロ磐田に移籍 ©Sports Graphic Number ジュビロ磐田時代の中村 ©Sports Graphic Number 2019年7月、現所属クラブの横浜FCに移籍。チームのJ1昇格に貢献した ©Sports Graphic Number

桐光学園高校時代の中村俊輔 ©Sports Graphic Number

1997年1月8日に行われた全国高校サッカー選手権大会決勝、旧国立競技場で市立船橋と対戦した桐光学園の中村俊輔。独特なキックのフォームは、このころにはすでに完成されていた / photograph by AFLO 桐光学園高校時代の中村俊輔 ©Sports Graphic Number ユース昇格を逃した当時は小柄で線が細かったという中村だが、高校サッカーを通じて逞しく成長を遂げた ©AFLO 中村は高卒初年度からマリノスで活躍し、Jリーグ優秀新人賞に輝いた ©Sports Graphic Number 市立船橋との決勝戦では惜しくも敗れたが、10番としてチームを牽引した ©AFLO UEFAチャンピオンズリーグでバルセロナのシャビと競り合うセルティック時代の中村 ©Sports Graphic Number 中村は97年に横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団。すぐに主力選手となった ©Sports Graphic Number 2000年のシドニー五輪では10番を背負った ©Sports Graphic Number 鹿島アントラーズの小笠原満男との対戦。中村の1学年下にあたる小笠原は大船渡高校で選手権に出場している ©Sports Graphic Number 2000年にフル代表デビューを飾った中村だが、2002年の日韓W杯のメンバーからは落選した ©Sports Graphic Number 2000年のハッサン2世杯。フランス代表のジネディーヌ・ジダンを追いかける中村 ©Sports Graphic Number 2002年、イタリア・セリエAのレッジーナに移籍。現地の子供たちに囲まれる中村 ©Sports Graphic Number レッジーナ時代の中村 ©Sports Graphic Number レッジーナでもプレースキッカーを任され、左足の精度に磨きをかけた ©Sports Graphic Number 壁に向かってボールを蹴る中村 ©Sports Graphic Number 2005年7月には、スコティッシュ・プレミアリーグの強豪セルティックに移籍 ©Sports Graphic Number グラスゴーの街角で撮影 ©Sports Graphic Number セルティックでは持ち前のテクニックを活かして大活躍 ©Sports Graphic Number 2006-07シーズンにはスコットランドPFA年間最優秀選手賞に輝いた ©Sports Graphic Number UEFAチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦し、ロナウジーニョとマッチアップ ©Sports Graphic Number セルティックではセットプレーをほぼすべて任されていた ©Sports Graphic Number セルティックのチームメイトと喜び合う中村 ©Sports Graphic Number セルティックのゴードン・ストラカン監督(当時)と。同監督は中村を「天才だ」と繰り返し称えた ©Sports Graphic Number 中村は遠藤保仁と共に長く日本代表の中盤を形成した ©Sports Graphic Number 左足でシュートを放つ中村 ©Sports Graphic Number セットプレーについて遠藤と相談する中村 ©Sports Graphic Number 2010年の南アフリカW杯を前に本田圭佑が台頭 ©Sports Graphic Number 中村は南アフリカW杯の直前にポジションを失った ©Sports Graphic Number 2010年に古巣のマリノスに復帰した中村は、2013年のJリーグアウォーズで2度目のMVPを受賞 ©Sports Graphic Number ガンバ大阪(当時)の遠藤保仁ともたびたび対戦した ©Sports Graphic Number 中村は2017年にジュビロ磐田に移籍 ©Sports Graphic Number ジュビロ磐田時代の中村 ©Sports Graphic Number 2019年7月、現所属クラブの横浜FCに移籍。チームのJ1昇格に貢献した ©Sports Graphic Number

ページトップ