記事に戻る

「フライングしたら税金も払えない」賞金1億円をかけた0.01秒のスタート…最強ボートレーサー峰竜太が明かす“覚悟と重圧”

現在、ボートレース界最強レーサーと称される峰竜太。2年連続3度目の賞金王を目指し、14日から開催されるグランプリ「賞金王決定戦」に出場する / photograph by Japan Motor Boat Racing Association 代名詞の「アロハポーズ」を決める峰 ©日本モーターボート競走会 あどけなさを残した「やまと競艇学校」時代の写真。当時から1位へのこだわりは強かったようだ ©日本モーターボート競走会 峰は07年の笹川賞でSG初出場を果たしたが、優勝までの道のりは遠かった ©日本モーターボート競走会 17年7月、オーシャンカップで念願のSG初優勝を達成し、涙を流す峰 ©日本モーターボート競走会 SG初制覇を果たしたオーシャンカップの優勝戦。スタートを決めた1号艇の峰はトップで第1ターンマークを旋回する ©日本モーターボート競走会 峰は今年10月のSGボートレースダービーでも優勝戦に進出した ©日本モーターボート競走会 ペラを調整する峰 ©日本モーターボート競走会 「ボートレースオールスター」の優勝戦で1号艇をゲットした峰 ©日本モーターボート競走会 1マークでも見事なターンを決めて見事優勝を果たした ©日本モーターボート競走会 独特の姿勢で2マークをターンする峰 ©日本モーターボート競走会 他の追随を許さない旋回力で勝利を重ねている ©日本モーターボート競走会 やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)時代の峰 ©日本モーターボート競走会 真剣な表情でレースに臨む峰 ©日本モーターボート競走会 SG初優勝を飾った17年のオーシャンカップの優勝戦 ©日本モーターボート競走会 1号艇の峰の内側を差そうと強豪選手が猛接近 ©日本モーターボート競走会 なんとか差しを抑え、トップの位置をキープする ©日本モーターボート競走会 そのまま見事に逃げ切り、念願のSGタイトルを手にした ©日本モーターボート競走会 優勝戦のピット離れの瞬間 ©日本モーターボート競走会 ピット離れからスタートまでのコース争いもボートレースの注目ポイントだ ©日本モーターボート競走会 峰のウイニングラン ©日本モーターボート競走会 初めてのSG制覇に笑顔がはじける峰 ©日本モーターボート競走会 涙を流しながら歓喜のガッツポーズ ©日本モーターボート競走会 丸亀ボートレース場に集ったファンに手を振る峰 ©日本モーターボート競走会 初制覇から3年後の20年、峰は2度目のオーシャンカップ優勝を果たした ©日本モーターボート競走会 SG初優勝など節目の勝利で行われる「水神祭」の様子 ©日本モーターボート競走会 戦友のレーサーたちに水面に投げ込まれる峰 ©日本モーターボート競走会 空中で華麗に一回転 ©日本モーターボート競走会 水中でも歓喜の笑顔が弾けた ©日本モーターボート競走会 水から上がった峰はカメラの前であらためてガッツポーズ ©日本モーターボート競走会 今年5月、SGボートレースオールスターを制した峰 ©日本モーターボート競走会 喜びのアロハポーズを披露 ©日本モーターボート競走会 ファン投票で選出されるオールスターに特別な思いを抱いていた峰。表彰式では言葉につまる場面も ©日本モーターボート競走会 オールスターの優勝トロフィー「笹川杯」を掲げる ©日本モーターボート競走会 デビュー当時の峰。あどけなさを残した笑顔がチャーミングだ ©ボートレースからつ 07年、SG初出場時の峰(当時22歳) ©日本モーターボート競走会 負けん気の強さを感じさせる22歳の峰 ©日本モーターボート競走会 今年7月、GⅡ「ボートレース甲子園」での峰 ©日本モーターボート競走会 峰のターンに憧れる若手選手も多い ©日本モーターボート競走会 笑顔でペラを調整する峰 ©日本モーターボート競走会 2コースからの鋭い差しも峰の必勝パターンのひとつだ ©日本モーターボート競走会 爽やかなビジュアルと涙のイメージから「泣き虫王子」という愛称も ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 真剣な表情で整備を行う峰 ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 勝負師の顔と笑顔のギャップも人気の理由だ ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 レース直前、引き締まった表情の峰 ©日本モーターボート競走会

現在、ボートレース界最強レーサーと称される峰竜太。2年連続3度目の賞金王を目指し、14日から開催されるグランプリ「賞金王決定戦」に出場する(photograph by Japan Motor Boat Racing Association)

現在、ボートレース界最強レーサーと称される峰竜太。2年連続3度目の賞金王を目指し、14日から開催されるグランプリ「賞金王決定戦」に出場する / photograph by Japan Motor Boat Racing Association 代名詞の「アロハポーズ」を決める峰 ©日本モーターボート競走会 あどけなさを残した「やまと競艇学校」時代の写真。当時から1位へのこだわりは強かったようだ ©日本モーターボート競走会 峰は07年の笹川賞でSG初出場を果たしたが、優勝までの道のりは遠かった ©日本モーターボート競走会 17年7月、オーシャンカップで念願のSG初優勝を達成し、涙を流す峰 ©日本モーターボート競走会 SG初制覇を果たしたオーシャンカップの優勝戦。スタートを決めた1号艇の峰はトップで第1ターンマークを旋回する ©日本モーターボート競走会 峰は今年10月のSGボートレースダービーでも優勝戦に進出した ©日本モーターボート競走会 ペラを調整する峰 ©日本モーターボート競走会 「ボートレースオールスター」の優勝戦で1号艇をゲットした峰 ©日本モーターボート競走会 1マークでも見事なターンを決めて見事優勝を果たした ©日本モーターボート競走会 独特の姿勢で2マークをターンする峰 ©日本モーターボート競走会 他の追随を許さない旋回力で勝利を重ねている ©日本モーターボート競走会 やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)時代の峰 ©日本モーターボート競走会 真剣な表情でレースに臨む峰 ©日本モーターボート競走会 SG初優勝を飾った17年のオーシャンカップの優勝戦 ©日本モーターボート競走会 1号艇の峰の内側を差そうと強豪選手が猛接近 ©日本モーターボート競走会 なんとか差しを抑え、トップの位置をキープする ©日本モーターボート競走会 そのまま見事に逃げ切り、念願のSGタイトルを手にした ©日本モーターボート競走会 優勝戦のピット離れの瞬間 ©日本モーターボート競走会 ピット離れからスタートまでのコース争いもボートレースの注目ポイントだ ©日本モーターボート競走会 峰のウイニングラン ©日本モーターボート競走会 初めてのSG制覇に笑顔がはじける峰 ©日本モーターボート競走会 涙を流しながら歓喜のガッツポーズ ©日本モーターボート競走会 丸亀ボートレース場に集ったファンに手を振る峰 ©日本モーターボート競走会 初制覇から3年後の20年、峰は2度目のオーシャンカップ優勝を果たした ©日本モーターボート競走会 SG初優勝など節目の勝利で行われる「水神祭」の様子 ©日本モーターボート競走会 戦友のレーサーたちに水面に投げ込まれる峰 ©日本モーターボート競走会 空中で華麗に一回転 ©日本モーターボート競走会 水中でも歓喜の笑顔が弾けた ©日本モーターボート競走会 水から上がった峰はカメラの前であらためてガッツポーズ ©日本モーターボート競走会 今年5月、SGボートレースオールスターを制した峰 ©日本モーターボート競走会 喜びのアロハポーズを披露 ©日本モーターボート競走会 ファン投票で選出されるオールスターに特別な思いを抱いていた峰。表彰式では言葉につまる場面も ©日本モーターボート競走会 オールスターの優勝トロフィー「笹川杯」を掲げる ©日本モーターボート競走会 デビュー当時の峰。あどけなさを残した笑顔がチャーミングだ ©ボートレースからつ 07年、SG初出場時の峰(当時22歳) ©日本モーターボート競走会 負けん気の強さを感じさせる22歳の峰 ©日本モーターボート競走会 今年7月、GⅡ「ボートレース甲子園」での峰 ©日本モーターボート競走会 峰のターンに憧れる若手選手も多い ©日本モーターボート競走会 笑顔でペラを調整する峰 ©日本モーターボート競走会 2コースからの鋭い差しも峰の必勝パターンのひとつだ ©日本モーターボート競走会 爽やかなビジュアルと涙のイメージから「泣き虫王子」という愛称も ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 真剣な表情で整備を行う峰 ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 勝負師の顔と笑顔のギャップも人気の理由だ ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 ©日本モーターボート競走会 レース直前、引き締まった表情の峰 ©日本モーターボート競走会

ページトップ