記事に戻る

“大学No.1レベル”三浦龍司の順天堂と…「駒澤を脅かす」“ダークホース候補の4校”とは〈箱根路の中間テスト〉

関東インカレの結果から見る今シーズンの大学の駅伝偏差値。上位強豪校を脅かす“ダークホース候補”が見えてきた / photograph by Yuki Suenaga 男子1部ハーフマラソンで4位(日本人トップ)に入った四釜峻佑(3年)。駅伝は“未経験” ©Yuki Suenaga 三浦龍司(2年) ©Yuki Suenaga 明大の駅伝主将・鈴木聖人(4年) ©Yuki Suenaga 昨季の箱根2区を走った加藤大誠(3年)は、男子2部5000mで20位と健闘した ©Yuki Suenaga 1年生・堀田晟礼は5000mで28位に入った。双子の弟・捷仁の活躍も期待したい ©Yuki Suenaga 10000mで4位・5000mでは6位入賞と、新エースに相応しい結果を出した藤本珠輝(3年) ©Yuki Suenaga

男子1部ハーフマラソンで4位(日本人トップ)に入った四釜峻佑(3年)。駅伝は“未経験” ©Yuki Suenaga

関東インカレの結果から見る今シーズンの大学の駅伝偏差値。上位強豪校を脅かす“ダークホース候補”が見えてきた / photograph by Yuki Suenaga 男子1部ハーフマラソンで4位(日本人トップ)に入った四釜峻佑(3年)。駅伝は“未経験” ©Yuki Suenaga 三浦龍司(2年) ©Yuki Suenaga 明大の駅伝主将・鈴木聖人(4年) ©Yuki Suenaga 昨季の箱根2区を走った加藤大誠(3年)は、男子2部5000mで20位と健闘した ©Yuki Suenaga 1年生・堀田晟礼は5000mで28位に入った。双子の弟・捷仁の活躍も期待したい ©Yuki Suenaga 10000mで4位・5000mでは6位入賞と、新エースに相応しい結果を出した藤本珠輝(3年) ©Yuki Suenaga

ページトップ