記事に戻る

箱根3位にも黄色信号? 強豪校だけど「少し不安を感じてしまう」“常連4校”とは〈箱根駅伝まであと半年〉

関東インカレでは、箱根駅伝の強豪校として今後に少し不安を感じてしまうチームも見られた / photograph by Yuki Suenaga 箱根2区4位と好走した松山和希(2年)は、5000mレース後トラックに倒れこみ、最終18位に終わった ©Yuki Suenaga 1500mの優勝候補と目されていた東海大3年・飯澤千翔(420番)は「まさかの予選敗退」だった ©Yuki Suenaga 昨季の箱根1区12位の藤木宏太(4年)は、2部10000m決勝で5位入賞を果たしたが…… ©Yuki Suenaga エースの遠藤大地(4年)は10000mで26位と、物足りない結果に終わった ©Yuki Suenaga

箱根2区4位と好走した松山和希(2年)は、5000mレース後トラックに倒れこみ、最終18位に終わった ©Yuki Suenaga

関東インカレでは、箱根駅伝の強豪校として今後に少し不安を感じてしまうチームも見られた / photograph by Yuki Suenaga 箱根2区4位と好走した松山和希(2年)は、5000mレース後トラックに倒れこみ、最終18位に終わった ©Yuki Suenaga 1500mの優勝候補と目されていた東海大3年・飯澤千翔(420番)は「まさかの予選敗退」だった ©Yuki Suenaga 昨季の箱根1区12位の藤木宏太(4年)は、2部10000m決勝で5位入賞を果たしたが…… ©Yuki Suenaga エースの遠藤大地(4年)は10000mで26位と、物足りない結果に終わった ©Yuki Suenaga

ページトップ