記事に戻る

【世界戦直前取材】「20代前半で天国と地獄を経験した」“異色の元世界王者”高山勝成が明かす、37歳でもボクシングを続ける理由

日本時間の5月9日、“37歳のチャレンジャー”高山勝成が危険なタイトル戦に臨む / photograph by Ed Mulholland/Matchroom WBO世界ライトフライ級王者エルウィン・ソト(左)と対戦する高山勝成(右) ©Ed Mulholland/Matchroom ©Ed Mulholland/Matchroom ©Ed Mulholland/Matchroom

日本時間の5月9日、“37歳のチャレンジャー”高山勝成が危険なタイトル戦に臨む(photograph by Ed Mulholland/Matchroom)

日本時間の5月9日、“37歳のチャレンジャー”高山勝成が危険なタイトル戦に臨む / photograph by Ed Mulholland/Matchroom WBO世界ライトフライ級王者エルウィン・ソト(左)と対戦する高山勝成(右) ©Ed Mulholland/Matchroom ©Ed Mulholland/Matchroom ©Ed Mulholland/Matchroom

ページトップ