記事に戻る

国見で6度選手権制覇、名将・小嶺忠敏が明かす“三浦淳寛の伝説” 「大会期間中だけは自主練習をやめてくれ」

小嶺忠敏が厳しくも愛情のこもった指導で育てた“個性的プレーヤー”は数知れない / photograph by Takuya Sugiyama 国見で6度選手権制覇、名将・小嶺忠敏が明かす“三浦淳寛の伝説” 「大会期間中だけは自主練習をやめてくれ」(2) 小嶺忠敏 1945年6月24日、長崎県生まれ。大阪商大卒業後に教員となり、島原商へ赴任。'74年度の大会を皮切りに、計12回の選手権出場に導いた。国見監督時代には、6度の選手権制覇。'06年に定年退職後、'07年に長崎総科大附属の総監督に。'15年からは同校の監督を務める。 長崎総科大附属のエース・千葉は「小嶺先生からきつい言葉もありましたけど、それをプラスに変えられました」

小嶺忠敏が厳しくも愛情のこもった指導で育てた“個性的プレーヤー”は数知れない(photograph by Takuya Sugiyama)

小嶺忠敏が厳しくも愛情のこもった指導で育てた“個性的プレーヤー”は数知れない / photograph by Takuya Sugiyama 国見で6度選手権制覇、名将・小嶺忠敏が明かす“三浦淳寛の伝説” 「大会期間中だけは自主練習をやめてくれ」(2) 小嶺忠敏 1945年6月24日、長崎県生まれ。大阪商大卒業後に教員となり、島原商へ赴任。'74年度の大会を皮切りに、計12回の選手権出場に導いた。国見監督時代には、6度の選手権制覇。'06年に定年退職後、'07年に長崎総科大附属の総監督に。'15年からは同校の監督を務める。 長崎総科大附属のエース・千葉は「小嶺先生からきつい言葉もありましたけど、それをプラスに変えられました」

ページトップ