記事に戻る

「相馬が泣き崩れた。それが申し訳なくて…」箱根駅伝を失った直後、筑波大生たちが泣きながら考えたこと

筑波大学構内の陸上競技場を走る4人。左から猿橋、大土手、上迫、西 / photograph by Hideki Sugiyama 順大・三浦に次ぐ日本人2位でゴールした猿橋 (C)JMPA 大土手は主将として、大きな責任を背負ってきた 上迫はあの日、「取り返しのつかないことをしてしまった」と自分を責めたという 西も中大・吉居に競り勝つ快走を見せた 猿橋も予選会直後は突然涙が出ることがあった 左から猿橋、大土手、西、上迫。春からはそれぞれの道を歩んでいく 筑波大学には立派な陸上競技場が 左から、猿橋、大土手、弘山駅伝監督、西、上迫。選手に囲まれ弘山監督の表情も柔らかくなった

順大・三浦に次ぐ日本人2位でゴールした猿橋 (C)JMPA

筑波大学構内の陸上競技場を走る4人。左から猿橋、大土手、上迫、西 / photograph by Hideki Sugiyama 順大・三浦に次ぐ日本人2位でゴールした猿橋 (C)JMPA 大土手は主将として、大きな責任を背負ってきた 上迫はあの日、「取り返しのつかないことをしてしまった」と自分を責めたという 西も中大・吉居に競り勝つ快走を見せた 猿橋も予選会直後は突然涙が出ることがあった 左から猿橋、大土手、西、上迫。春からはそれぞれの道を歩んでいく 筑波大学には立派な陸上競技場が 左から、猿橋、大土手、弘山駅伝監督、西、上迫。選手に囲まれ弘山監督の表情も柔らかくなった

ページトップ