SCORE CARDBACK NUMBER

4者4様のスタイルで挑む
マスターズの見所。
~中嶋常幸の分析は?~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2011/03/05 08:00

4者4様のスタイルで挑むマスターズの見所。~中嶋常幸の分析は?~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

マスターズ初挑戦の藤田。海外メジャーには過去6回出場し4回予選通過を果たしている

「今年のマスターズは、面白くなりそうだね。特に、4人の日本人選手」

 中嶋常幸は、会うといきなりこう切り出した。ここ数年、マスターズのTV解説をしている中嶋には、毎年マスターズに向けての分析を聞いている。そのインタビューでのことだった。

「特に、藤田寛之選手。彼は、いま日本で最強のパッティングの上手さを誇っている。あのオーガスタのグリーンを彼がどう制するか、見ものだねぇ」

 今年のマスターズ(4月7日~10日)は、日本から藤田寛之のほかに、池田勇太、石川遼、そして日本ゴルフ史上初のアマチュア選手出場となる松山英樹の4人が参戦する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将の言葉学。~2011年のリーダー論~

関連記事

中嶋常幸
藤田寛之
池田勇太
石川遼
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ