オフサイド・トリップBACK NUMBER

3バックは本当に復活するのか?
ザッケローニの次なる一手に注目。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/03/01 10:30

3バックは本当に復活するのか?ザッケローニの次なる一手に注目。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「(日本代表チームは)アジア杯で優勝しましたが、これは到達点ではありません。私の使命は日本サッカーの成長です。2014年のW杯ブラジル大会では世界のトップを争う実力のあるチームとして戦いたい」と2月21日には発言しているザッケローニ監督

“W杯で勝つための3バック”なら反対する理由はない。

 もちろんザッケローニは悪しき意味でのシステム至上主義者ではない。

 アジアカップにおける一連の采配、とりわけ韓国戦やオーストラリア戦が示すように、むしろ監督としての最大の特徴は、個々の戦況に応じて、自分が必要だと感じた策を迷いなく打てる「実践知(practicalwisdom)」にこそある。

 仮に3バックを採用した場合でも、それは彼なりの工夫とアイディア、経験値が盛り込まれた柔軟性に富むものになるはずだ。現にミラン監督時代の'98-'99シーズン、ザッケローニは3-4-3がうまく機能しないと判断するや途中で見切りをつけ、最終的には3-4-1-2に切り替えることでチームをセリエA優勝に導いている。

 また極論すれば、仮に世界のトレンドに反するものでも、日本代表の選手やチームと相性が良く、かつ相手に対しても通用する──W杯で上位進出を目指す強力な武器になるのであれば、3バックの導入に反対する理由などあるはずがない。

「私はこの世の中にあるシステムを全部試しました。当然、新しいシステムや他のシステムのバリエーションも日々探求しています」

 試合翌日の記者会見で、ザッケローニはこうも語った。

 はたして彼は、ゆくゆくは日本代表の3バック化を試みるのか。そして3バックというシステム自体の新たな可能性を、自らの手で証明してみせようとするのだろうか。彼の次なる一手と日本代表の行方が、さらに楽しみになってきた。

関連記事

BACK 1 2 3
アルベルト・ザッケローニ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ