NumberEYESBACK NUMBER

21歳の新世界王者、
堂々たる試合ぶり。
~井岡一翔の勝利の価値~ 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/02/28 06:00

21歳の新世界王者、堂々たる試合ぶり。~井岡一翔の勝利の価値~<Number Web> photograph by KYODO

2月11日、会場の神戸ワールド記念ホールには1万1000人の観衆が集まった

 元世界王者の叔父を持つボクシング界のサラブレッド、井岡一翔(かずと)が世界チャンピオンに輝いた。プロ7戦目での世界タイトル奪取は、あの辰吉丈一郎と名城信男を超える日本最速記録。派手な新記録樹立とは裏腹に、そのボクシングは実に巧みで、玄人をもうならせる内容だった。

 チャンピオンのオーレドン・シッサマーチャイはここまで40戦無敗。39勝のうち14KOという数字が示すように、待ちのボクシングが得意な技巧派である。対する井岡はアマチュアで105戦のキャリアがあるとはいえ、プロ戦績はわずか6戦しかない。百戦錬磨の王者に挑戦者の若さと勢いが通用するのか。両者の実績を見比べて、多くの関係者が「挑戦者らしく」というフレーズを思い浮かべたのではないだろうか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1024文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将の言葉学。~2011年のリーダー論~
井岡一翔

ボクシングの前後の記事

ページトップ