大相撲PRESSBACK NUMBER

関脇・豊昇龍の告白「なんで叔父さんの話ばかり? 正直イヤなんです」…“朝青龍の甥”と呼ばれ続けた23歳の矜持「誰の真似もしたくない」 

text by

飯塚さき

飯塚さきSaki Iizuka

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2023/03/12 11:01

関脇・豊昇龍の告白「なんで叔父さんの話ばかり? 正直イヤなんです」…“朝青龍の甥”と呼ばれ続けた23歳の矜持「誰の真似もしたくない」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

関脇の地位で勝ち越しを続け、次期大関候補として注目される豊昇龍。「朝青龍の甥」という枕詞がついて回ることについて本音を語った

「ライバルは作りません。相手はみんな一緒」

 さらにもうひとつ特筆すべきは、メンタルの強さだ。以前、「足腰の粘りや技の思い切りのよさ、たくさんの魅力がありますが、どんなところがご自身の強みだと感じていますか」と尋ねた際も、「気持ちで負けないところですかね」と、身体面・技術面よりも精神面に言及していた。

 霧馬山や若隆景ら“ライバル”と目される力士の存在についての質問も、「自分はライバルという人を作っていません。ライバルだと思ったら、その人だけが特別になっちゃうから。戦う相手はみんな一緒」と一蹴した。誰と対戦するときでも、闘志の強さは変わらない。

 土俵上では気迫の入った表情が印象的で、相撲自体にも負けん気の強さ、思い切りのよさが前面に出ている。しかし、豊昇龍のメンタルの強さはそれだけではない。気迫の裏に、常に同等の落ち着きを併せ持っているのだ。ただ勢いだけで相撲を取っているのではないことは、筆者だけでなく多くの好角家も感じているところだろう。心は熱く、頭は冷静に。そのバランスが、彼の内面をさらに強くしている。

 関脇として4場所目を迎える豊昇龍。春場所で自身に求める成績を尋ねると、またしてもはっきりとこう返ってきた。

「具体的な目標は言いません。口にしたら、一番ダメだと思うんです。自分のなかではいつも確かめているので。そういうことは達成したら言えばいい。達成していないのに言っちゃって、できなかったら恥ずかしいから」

 豊昇龍、現在23歳。若き関脇は、誰よりも燃え滾る大志を内に秘め、それを土俵にぶつけていく。

<つづく>

#2に続く「ラップ? 全然いけるよ(笑)」趣味は映画とヒップホップ…豊昇龍23歳の“強メンタルすぎる素顔”とは?「いつも通りでいいじゃん」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
豊昇龍
立浪部屋
朝青龍
霧馬山
若隆景

相撲の前後の記事

ページトップ