メディアウオッチングBACK NUMBER

斬新なタイトルに込められた
カズらしさ。
~新書『やめないよ』発売によせて~ 

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2011/02/06 08:00

斬新なタイトルに込められたカズらしさ。~新書『やめないよ』発売によせて~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『やめないよ』 三浦知良著 新潮新書 740円+税

43年分の説得力が詰まった『やめないよ』。

 数分後、いつものように素敵な仕立てのシャツに身を包み、カズが階段を上ってきた。彼はカメラの前に座り、20歳以上年下の選手と自分から肩を組み、ニコニコ笑いながら、言った。

「いつも見てるよ。うまいね」

 そして朗らかな声で付け加えた。

「でもさ、プレーしてるとき、ちょっと暗いな」

 残念ながら、そのときの写真はあくまでも個人的なものなので、誰にも見せられない。写真の中の2人の若者は、カズの隣で、本当にうれしそうな笑顔を浮かべている。

『やめないよ』

 今回カズが出した新書のタイトルだ。中身は、日本経済新聞に連載していたコラムをまとめたものだ。

 いい時、悪い時、一人のサッカー選手の心の動きが伝わってくる。サッカー選手の本なんだから、基本的にはサッカーの話だ。心構えについて、トレーニングについて、審判について、etc。でもときどき、社会のこと、政治のことなんかについての言葉も出てきて、そこには43年分の説得力がある。

『やめないよ』。いかにも彼らしい、タイトルだと思う。

 でも、カズさん、自分から言わなくても大丈夫だよ。あなたに面と向かって、もうサッカーやめなよ、と言える人はいないから。少なくとも僕は、サッカー選手ではないあなたのことを、まだうまく想像できない。

関連記事

BACK 1 2
三浦知良

Jリーグの前後の記事

ページトップ