Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[失意を乗り越えて]チュートリアル「完全優勝という名の美しき景色」

posted2022/12/01 07:02

 
[失意を乗り越えて]チュートリアル「完全優勝という名の美しき景色」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

第1回大会で突き付けられた、カリスマからの厳しいジャッジ。そこからスランプは続いた。彼らはいかにして立ち直り、他の漫才師を圧倒したのか。16年の時を経て詳細に振り返る。

 チュートリアルの徳井義実はしみじみとした口ぶりでいった。

「M-1で勝つためには、ただウケるだけじゃダメなんです。圧倒的にウケるか、審査員をノックアウトするくらいのパンチ力がないと。決勝に残れなかった年も、そこそこはウケていたけど、そういう部分が足りなかったんでしょうね」

 2006年12月24日――彼と福田充徳のコンビは、M-1グランプリ2006で審査する7人全員から支持を得て、大会史上初となった完全優勝を果たした。

 チュートリアルが1本目のネタ「冷蔵庫」を披露している間、審査員の松本人志は頬を緩めっぱなしだった。心底から漫才を愉しむ松本をみて、当然チュートリアルにも熱が入る。

 徳井は冷蔵庫を買った福田に絡む。

『何を冷やそかな~って考えてんの?』

『……お茶と水や』

『ポン酢もやろ~』

『確かに、ポン酢も冷やすけど』

『昼は漫才して、夜はポン酢冷やしてかい』

『なにが悪いねん!』

 眼を剥き唇を尖らせ、尋常ならざる世界観を展開させる徳井。対する福田は呆れたり困惑の末、脂汗で顔がテカテカに光っている。両人の掛け合いは爆笑を生んだ。

 4分間のネタが終了後、松本は95点を付け、「ほぼ完璧かな」と講評している。

 16年の歳月を経て、徳井は懐かしそうに振り返る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4889文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

チュートリアル
徳井義実
福田充徳
松本人志
麒麟
ブラックマヨネーズ
島田洋七

他競技の前後の記事

ページトップ