競馬PRESSBACK NUMBER

「ファンの人が家の中にいたこともあって…」“元祖アイドルジョッキー”小田部雪46歳が振り返る全盛期「先輩騎手からは『実力が伴っていない』と」 

text by

大恵陽子

大恵陽子Yoko Oe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JIJI PRESS

posted2022/10/30 17:03

「ファンの人が家の中にいたこともあって…」“元祖アイドルジョッキー”小田部雪46歳が振り返る全盛期「先輩騎手からは『実力が伴っていない』と」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JIJI PRESS

90年代に地方競馬の女性ジョッキーとして注目を集めた小田部さん。全国放送にも出演したが、その影響は思わぬものがあったという…

――他にも、全国の女性騎手が集うレースで勝利を収めるなど活躍しました。

小田部 新潟競馬場で行われた女性騎手招待戦の駒子賞に参加したんですけど、新潟は私が生まれた頃に父が騎手として乗っていた地でした。私は新潟の調教師は全然知らなかったんですけど、勝って戻ってくると、「父ちゃんと乗り方がそっくりだな」と言ってもらって、嬉しかったですね。父は中津でリーディングを獲ったこともあったし、「すごかったんだよ」と周りの人から聞いていたので、ちょっとは足元に近づけたかなと思いました。

――師匠でもあったお父様から指導されることはあったんですか?

小田部 デビューしてからは怒られてばかりで、褒められたことはあまりなかったです。だから引退してからもつい最近までは勝っても怒られる夢を見ていました。

――小田部さんの翌年にデビューした弟・和磨騎手とはすごく仲が良かったとか。

小田部 弟がデビューするまでの1年間、人見知りすぎて騎手控室に入れなかったんです。みんな大先輩で、父と一緒に乗っていた方や同級生のお父さんもいて溶け込めませんでした。「女だし」と勝手に線を引いていた部分もあったんですけど、明るい性格の弟が控室にいたので勇気を出して近くに座って、みんなと喋るようになりました。遊びに行くときも楽しく笑わせてくれて……交通事故で20歳で亡くなったんですけど、本当に感謝しています。

自宅にまで押し寄せたファンの熱狂

――人気バラエティー番組「さんまのナンでもダービー」に出演し、他競技の選手と体力勝負をしたこともありました。

小田部 空中の浮き輪の中に入って、誰が最後まで両手で体を支えていられるか、という勝負だったんですけど、池に落ちたくなくてズルをしたんですよ。それがバレて、さんまさんが「罰としてウド(鈴木)ちゃんとご飯を食べに行きなさい」って言ったところで番組が終わったので、中津に帰ると「あの後どうなったの? ウドちゃんと何かあったんじゃない?」とすごく聞かれました。

――実際はどうだったんでしょうか?

小田部 もう初めての都会でそれどころではなくて(笑)。実際は帰りのタクシーの乗り方が分からず、コンビニのタウンページでタクシー会社の電話番号を調べたり、ガードマンに聞いたりしていました。中津では電話をしてタクシーに来てもらっていたんですけど、「手を上げたら止まってくれるよ」ってガードマンに教えてもらってビックリしました。東京が怖くて、その夜はお腹が空いたまま寝ていました。

【次ページ】 「僕が出所するまで騎手を続けてほしい」という手紙も

BACK 1 2 3 NEXT
小田部雪
ワシュウタカハル
小田部磨留男
小田部和麿

競馬の前後の記事

ページトップ