SCORE CARDBACK NUMBER

エンゼルス残留も燻る火種、大谷の動向は今オフ最大の目玉。

posted2022/08/30 07:00

 
エンゼルス残留も燻る火種、大谷の動向は今オフ最大の目玉。<Number Web> photograph by Getty Images

8月9日、アスレチックス戦に先発した大谷は7回に25号本塁打を放ち、二刀流全開でルース以来の偉業を達成した

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 8月2日のトレード期限前、エンゼルス大谷翔平の動向に全米中の注目が集まった。というのも、2023年オフまでエンゼルスが保有権を持っているものの、来シーズン中に10年5億ドル(約675億円)とも見込まれる契約延長の交渉が難航するものと見られ、大谷が放出される可能性が浮上したためだ。

 最終的にオーナーのアート・モレノが反対したため、大谷の残留が決まった。その一方で、ヤンキース、ドジャースなど複数の有力球団が大谷のトレードを打診し、エンゼルスが真剣に検討した事実は見逃せない。実際、エンゼルスは年俸3700万ドル(約50億円)のマイク・トラウトとは2030年まで、同3800万ドル(約51億円)のアンソニー・レンドンとは2026年まで契約が残っており、大谷へ長期の大型契約を提示することは簡単ではない。大谷自身、期限前には移籍の可能性も含め、正直な胸中を明かした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 533文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
アート・モレノ

MLBの前後の記事

ページトップ