二所ノ関親方、部屋をつくるBACK NUMBER

“考える相撲”を実現する部屋に。

posted2022/06/27 07:00

 
“考える相撲”を実現する部屋に。<Number Web> photograph by Manami Takahashi

完成披露直前、稽古場では土俵づくりが行われていた。左奥に見えるのは太さ、硬さ、質感に至るまで親方がこだわった「最高の鉄砲柱」

text by

二所ノ関寛

二所ノ関寛Hiroshi Nishonoseki

PROFILE

photograph by

Manami Takahashi

昨年夏から1年弱、部屋づくりの過程に密着してきた本連載。最終回のインタビューは完成目前の二所ノ関部屋で行われた。親方自ら解説する新たな「城」と、思い描く指導方針とは――。

 茨城県にあるひたち野うしく駅から歩いて10分ほど。すると、敷地1800坪の大きな土地に勇壮な緑色の屋根が見えてきた。

 落成を迎えた二所ノ関部屋だ。

 完成間近の部屋で行われたインタビューで、親方は建物に込められた意図、そして弟子の育成について熱く語り始めた。

◆◆◆

 2022年6月5日は、後援者のみなさんに新しい部屋の披露目となりました。これも関係者のみなさんのご尽力の賜物と感謝するばかりですが、ようやく自分の「城」が出来たという感じです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2670文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

二所ノ関部屋

相撲の前後の記事

ページトップ