マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

《ドラフト中間報告》これがピッチャー“ドラ1候補”ベスト10 4位は“鬼の東都”9勝0敗、3位は沖縄の「ひと目惚れ」右投手…では1位は? 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/06/17 17:04

《ドラフト中間報告》これがピッチャー“ドラ1候補”ベスト10 4位は“鬼の東都”9勝0敗、3位は沖縄の「ひと目惚れ」右投手…では1位は?<Number Web> photograph by KYODO

ドラフト中間報告【投手編】3位 仲地礼亜(沖縄大〔嘉手納高〕・178cm80kg・右投右打)

【投手編】1位 曽谷龍平(白鴎大〔明桜高〕・183cm79kg・左投左打)

 こんなに打ちにくい左腕もいない。右足を踏み込んで、体の左右を一気に切り返すそのスピード。リリースの瞬間がほぼ見えない。わかっていても差し込まれるスピード感だ。加えて、スリークォーターの腕の振りの角度。プロにもなかなかいない……菊池雄星(ブルージェイズ)の角度だ。

 クシャクシャッと投げ込んできて、速球は常時140キロ後半。150キロラインをクリアすることもしばしば。140キロ前後の高速スライダーにチェンジアップ……スプリットなのか、沈む系も130キロ後半。これは右打者でも手を焼く。

 跳ね上がるようなフィニッシュでも、自滅につながるような荒れ球じゃなく、打者が絞りにくくなる程度の荒れ方だから、逆に武器になっている。

 セーフティで揺さぶられた時がどうなのか……わずかな懸念か。

 やられた時の落胆は、ぐっと辛抱したい。それでも淡々と飄々と、そんな雰囲気は、試合後の囲み取材まで続く。

 ◆◆◆

 さて、次回は「野手編」をお送りします。投手編を作っていても、「次点」の選手が4人も5人も、いまだ私のノートにその名が残されている。

 本当に、これでよかったのか……。

 野手編はもっと難しい。それは、間違いない。これは、本当にものすごくエネルギーを消耗する、体に良くないお仕事である。

<#1から続く>

#1から読む《ドラフト中間報告》これがピッチャー“ドラ1候補”ベスト10…「北山は違うだろう、どうして?」昨年のランキングの“予想結果”も

関連記事

BACK 1 2 3
森木大智
小園健太
達孝太
石田隼都
北山亘基
隅田知一郎
廣畑敦也
畔柳亨丞
椋木蓮
竹田祐
大野稼頭央
大島高校
吉村貢司郎
東芝
田島善信
星城高校
村上幸人
福岡大学
斉藤優汰
苫小牧中央高校
門別啓人
辻田旭輝
木村大成
菊地吏玖
専修大学
大瀬良大地
青山美夏人
亜細亜大学
仲地礼亜
沖縄大学
森下暢仁
柳裕也
金村尚真
富士大学
曽谷龍平
白鴎大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ