SCORE CARDBACK NUMBER

「二刀流」推進のマドン監督が解任。背景にあった「野球観の相違」。

posted2022/06/20 07:00

 
「二刀流」推進のマドン監督が解任。背景にあった「野球観の相違」。<Number Web> photograph by Getty Images

就任3年目のマドン監督が率いたチームはア・リーグ最速タイで20勝に到達。一時首位に立つも、5月下旬から急失速

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 '14年以来、8年ぶりのプレーオフ進出を目指すエンゼルスが6月7日、ジョー・マドン監督を解任した。5月15日の時点で貯金11と上位争いを繰り広げながら、同25日から6月6日まで球団ワーストタイの12連敗。不振脱出へ向け、経営陣は「監督更迭」をカンフル剤として選択した。同日の試合前、会見に応じたペリー・ミナシアンGMは、解任への経緯を淡々と説明した。

「我々にとって、新しい声が必要な時。我々はいいプレーができていない。まだ106試合残っている。変化を起こすには正しい時だ」

 '16年にカブスを世界一に導いたほか、最優秀監督賞3回のマドンは'19年オフ、古巣エンゼルスの監督に就任した。トミー・ジョン手術を経て、昨季からフル稼働が可能となった大谷翔平の「二刀流」での出場を全面的に支援し、開幕前には、過去の監督が踏み込めなかった投打のリミッターを解除。フルシーズンでのプレーを後押しした。MVPを獲得した大谷の活躍は、マドンの理解と決断あってのものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 488文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロサンゼルス・エンゼルス
ジョー・マドン
ペリー・ミナシアン
大谷翔平
フィル・ネビン

MLBの前後の記事

ページトップ