Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ダブルインタビュー]バトラー&フルトン「戦う準備はできている」

posted2022/06/18 07:06

 
[ダブルインタビュー]バトラー&フルトン「戦う準備はできている」<Number Web> photograph by Getty Images

(左)スティーブン・フルトン 1988年11月11日、英国生まれ。2010年12月にプロデビュー。'14年6月、IBF世界バンタム級王者に。今年4月にWBO世界バンタム級暫定王者決定戦を制し、のちに正規王者昇格。168cm、36戦34勝(15KO)2敗/(右)ポール・バトラー 1994年7月17日、米国生まれ。2014年10月にプロデビュー。'21年1月、WBO世界スーパーバンタム級王座獲得。同11月、WBC王者ブランドン・フィゲロア(米国)との統一戦を制す。169cm、21戦21勝(8KO)

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph by

Getty Images

3つのベルトを束ねたモンスターが次に目指す頂はどこにあるのか。4団体残り一つのベルトを持つ苦労人、1階級上で統一を進める無敗の強豪。次戦以降の対戦が有力視される2人の対照的な王者が井上について語った。

 ほんの数カ月前まで、英国の地味なベテラン、ポール・バトラーが井上尚弥の“バンタム級最後の標的”になるなど誰も夢にも思わなかっただろう。しかし、ここにきてそんなシナリオが現実味を帯びている。

 6月7日、ノニト・ドネア(フィリピン)を返り討ちにした井上は目標とする4団体統一まであと一歩に迫った。WBOタイトルを持つのは、しばらくライバルの1人として脚光を浴びてきたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)ではなく、33歳の素朴な技巧派ボクサーだ。

「同じ階級ではありますが、私は井上の大ファンでもあります。テレンス・クロフォード(米国)、オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、そして井上がパウンド・フォー・パウンドのトップ3というのが私の意見。そんな井上と戦えることになったら素晴らしい名誉です」

 目を輝かせてそう語るバトラーはイギリスのチェスター出身で、34勝(15KO)2敗という少々地味な戦績が示す通り、近年ボクシングが大人気の英国でもエリート扱いされてきた選手ではない。2014年6月、スチュワート・ホールとの英国人対決で微妙な2-1の判定勝ちを収め、16戦無敗のままIBF世界バンタム級王者になったまでは良かった。しかし「適正階級のスーパーフライ級で戦いたい」という理由で防衛戦をしないまま王座を返上すると、以降は思った通りに物事が進まなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3111文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

井上尚弥
ポール・バトラー
スティーブン・フルトン

ボクシングの前後の記事

ページトップ