珠玉の1敗BACK NUMBER

リーチ マイケル――オールブラックスに憧れて、遊ばれて。

posted2022/05/31 07:00

 
リーチ マイケル――オールブラックスに憧れて、遊ばれて。<Number Web> photograph by Yuka Shiga

'11年W杯では7番として予選プール全4試合に先発フル出場

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Yuka Shiga

第一線で活躍するアスリートは、敗戦から何を学ぶのか――。'15年、'19年大会とラグビーW杯で日本代表を牽引した前主将が挙げたのは、'11年大会・母国ニュージーランド戦の大敗だった。

【Defeated Game】
2011年9月16日 ラグビーW杯 プールA第2節
日本 7-83 ニュージーランド

   ◇

 2015年の南アフリカ撃破も、'19年の史上初となるベスト8も、リーチマイケルが挙げた「珠玉の1敗」がなければきっと実現しなかった。

 '11年9月16日、ワールドカップニュージーランド大会、予選プール第2戦のニュージーランド戦。

「ハーフタイムの雰囲気はどうだったかな。本来覚えておくべきところだとは思うけど、初めてのワールドカップで経験なんて全然なかったから。明るくもなれないし、かと言って(気持ちが)下がっているわけでもないし……」

 記憶を整理しようと指先で頭を掻いてみても、リーチからは次なる言葉が出てこない。忘れたということではない。憧れの対象なのか、それとも倒すべき対象なのか、感情の合致が難しかった事実がうかがえる。

 22歳で臨んだ初めてのワールドカップ。初戦のフランス戦は一時4点差まで詰め寄りながらも21対47で振り切られ、続く2戦目に母国の代表である夢にまで見たオールブラックスとの対戦が待っていた。

「子供のころからオールブラックスのことを見てきました。一緒に並んで入場したときから感情が高ぶっていました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3209文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

リーチ マイケル
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ