Beyond The GameBACK NUMBER

戦時下の沖縄県知事と「位高き者」の覚悟。

posted2022/05/27 07:00

 
戦時下の沖縄県知事と「位高き者」の覚悟。<Number Web> photograph by Asahi Shimbun

沖縄セルラースタジアム那覇のそばに立つ島田氏の顕彰碑

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Asahi Shimbun

 自分自身の入学式と卒業式に出席しない。これ、スポーツのよいコーチのひとつの証明である。

 いわゆる進学校ながら甲子園において準優勝、往時の土佐高校の名将、籠尾良雄がそうだった。

 著書『全力疾走三十年』にある。

「実は私、早大の入学式にも卒業式にも出席しておりません」

 土佐高校在籍時にすでに郷里の町の宇佐中学野球部コーチを始めていた。上京後も休みに帰っては熱心に続ける。入学や卒業の式典はちょうど「春の中学野球大会と重なる」。どちらが大事か。後者に決まっている。

 卒業式どころか卒業後の進路を定める試験もそっちのけで後輩の指導にのめり込む者もいた。沖縄返還50年に際して名が浮かぶ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 991文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

島田叡

高校野球の前後の記事

ページトップ